読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

【舞台】オーパーツ:HAUNTED HOUSE(ホーンテッドハウス) 初日感想!~鈴井貴之さんがあのキャラに!?

舞台

オーパーツ ホーンテッドハウス

OOPARTS VOL.3
『HAUNTED HOUSE』
東京公演
サンシャイン劇場
2月11日(金)19:00

※ラストのオチなどストーリーに関するネタバレはしていません。
が、舞台装置や出演者の役柄について、舞台前のサプライズや初日のカーテンコールの内容などには触れております。これから観劇するご予定のある方はご注意ください。

久しぶりの生の観劇

11日金曜日、ミスターこと鈴井貴之率いる演劇集団「OOPARTS(オーパーツ)」の東京公演を観に行ってきました!

出演者は渡辺いっけいさん、上地春奈さん、キャラメルボックスの多田直人さん、清水由紀さん、田島ゆみかさん、そして北海道からは我らがミスターとチームナックスのリーダー・森崎博之さん、そして藤村忠寿さん。

んっ?

藤 村 忠 寿 ?

・・・ってちょっと待てぇぇい!!
出演者に一人だけ会社員がいるぞおい!!

何を隠そうこの方は、水曜どうでしょうの名物ディレクター・藤やん!正真正銘、テレビ局の人ですよ!?(笑)

まぁ藤やんはロケ中にタレントと爆笑トークを繰り広げ出演者を喰う勢いで目立った挙句、ジブリ監督の映画に声の出演を果たすというとんでもねーことをした人ではあるので、役者さんをやったところで驚きませんがね!!所属がテレビ局の名前になってたのにはホント大爆笑でしたけども!

ただこれは私が知らなかっただけで、去年から藤村さんは役者としての活動も始めていたんですね。関東に引っ越してからはどうでしょうDVDを追っかけるのに手一杯であまり情報を仕入れられていなかったのですが、前回のオーパーツの公演から役者として参加されているのだとか。

もう10年以上前になりますが、あの伝説のテント公演蟹頭十郎太を生で観に行って、公演後に藤やんとうれしーに握手してもらったことを思い出します。あの舞台を演出していた藤村さんが、今度は出演している側になっているとは・・・何やら感慨深いものがありますなぁ。

舞台が始まる前から面白い

潰れかけたお化け屋敷が舞台ということと、出演者以外の情報は一切無い状態での観劇。今回は第三回公演らしいですが、前二作も見ておりませんので、一体どんな話になるのかわくわくしながら2階席でフライヤーを眺めていたところ・・・

「よ~こそおいでいただきました~」というホラー調の謎アナウンスが!!それと同時に盛り上がる1階!えーなになにー!?何が起こってんのー!?

2階席からはあまり見えませんでしたが、なんとドラキュラに扮したミスターが客席にやってくるというサプライズが!!

「1階の人クソうらやまぁぁ!!」と思っていたら、アナウンスで「2階も行くよぉ」という嬉しい一言が!

ということで初日の2階には、
ドラキュラミスターと、落ち武者コスの藤やんがやってきてくれました。藤村さんはただ黙ーってやってきて、空いてる席に無言ですとん・・・と座り、そして去っていくという謎パフォーマンスをしていかれました(笑)

ちょっと変わった舞台

なんと舞台上にはネットが張られており、何箇所かある小さい円形の足場までは、役者さんはそのネットの上を歩きまわる、というスタイルになっておりました。

また、このネットにはわざと一箇所だけ穴が開けられており、そこからネット下に移動できるという、高低差も生かした作りに!

ネット下に仕掛けられた照明もあり、暗転時にはちょっとしたロックステージのような面白い舞台となっていました。

ストーリーはコメディ

お客も来ない寂れたお化け屋敷で働く従業員たちのお話なので、みんなお化けの格好をしています。

■ミスター/ドラキュラ
お化け屋敷の従業員。
正社員なので「バイトは気楽でよぉ~」が口グセ。中の人と一緒で恐妻家。

■森崎さん/フランケンシュタイン
デスヨネー!な格好。
顔でかいネタは今回も健在でした。お化け屋敷の社長役なので、ミスターに向かって「社長はオレだから!!」というネタがあったり。

■渡辺いっけいさん/お岩さん
コスプレが最も多い役。
実質主人公的な立ち位置でした。

■藤やん/落ち武者
平家の落ち武者の格好をしている。愛称は「おっちゃん」。上述した穴によくちる。体張ってんなぁ藤やん!

■多田直人さん/ゾンビ
イマドキのキレやすい若者。バイトだしお客さんも来ないので全然やる気なっしんぐ。

■清水由紀さん/キョンシー
キョンシーだからキョンちゃん。ゾンビとよくコンビで一緒にいる。

■上地春奈さん/ろくろ首
あだ名は「ネック」。
この舞台で始めて観た方でしたが、声や台詞回しが独特の女優さんですっかりファンになってしまいました!!ギャグなストーリーの中にうまく紛れてはいましたが、実はネックの発言や話していた内容は、結構重要なものが多い気がしました。

■田島ゆみかさん/カシマレイコ
「ここで働かせてください!」と千尋みたいなことをいう少女。名前はどう考えてもネット上で流行ったオバケのものだが服装はトイレの花子さん。

感想

「洗練されたよく出来たストーリー」というよりは、あくまで肩肘張らず、気軽に楽しめるコメディで、アクの強いキャラ同士の、わいわいとした掛け合いが一番の見所といった感じでした。水どうやミスターのファンの方へ向けたサービス的なネタも多く、「ミスター」を連呼する鈴井さんに、「ミスターって言いたいだけだろ」とボソッと藤村さんがツッコんだり、怖い奥さんネタがあったりと、水曜どうでしょう関連のネタには笑わせていただきました。

ただ、ホワイトストーンズのカード交換会にも行ったことがあるぐらい、筋金入りのオフィスCUEファンの自分には存分に楽しめましたが、逆に水どうを全く知らない!という方はどうだったんでしょう??その辺はちょっと気になりました。

カーテンコールで渡辺いっけいさんが・・・

初日のカーテンコールは渡辺いっけいさんが担当。「長く役者をやってきましたが、今日ほどお客さんに支えられた舞台はありません」・・・と、ちょっと声が上ずってるな~と思いきや、目をこすっていたりと、どうやら涙ぐんでいる様子。隣にいた女優さんも思わずもらい泣きしちゃったり・・・い、一体なにが!?

渡辺いっけいさんといえばたくさんのドラマ・舞台に出演なさっているベテラン中のベテラン。そんな方が、この「頭からっぽにして楽しむ系コメディ」な舞台で涙するとは・・・。驚きでした。何かご本人にしか分からない、感慨のようなものがあったのでしょうか?

最後に

久しぶりにDVDではない生の舞台を観ましたが、やっぱりいいですね。小劇場でも大きい劇場でも、映画館とはまたちょっと違う、あの幕が開くまでの舞台の独特の空気が大好きです。サンシャイン劇場の2階席は初めてでしたが、座席が中央だったからか特に観づらいということもなく、最初から最後まで楽しんで観る事が出来ました!面白いシーンのあとには必ず拍手があったりと、客席含め暖かい空気が流れていたことも非常に良かったですね。

前売り券は完売ですが当日券が若干あるようなので、興味を持たれ方はサンシャイン劇場や公式サイトでチェックされるといいかもですよー!→Out Of Place ARTiSt:OOPARTS

↓北海道ローカルはお好きですか?