読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

魔法少女育成計画 10話感想~ハードゴア・アリスの正体発覚!まさかあの女の子だったなんて・・・!

まほいく10話

魔法少女育成計画 10話感想!
ネタバレありなのでご注意ください!
※原作は未読の状態で視聴しています。

結論:推しキャラに限って・・・(泣)

10話のあらすじ

f:id:basiliskos:20161204013835j:plain

「今までアリスのことを誤解していた」と、アリスと改めて2人きりで話すスノーホワイト。だがようやく想いが通じた直後、シスターナナやウィンタープリズンが死亡したこと。さらに、生存人数が4人にしぼられてしまったことを聞かされ激しく動揺してしまい、折角仲直りしたアリスを拒絶し、逃げるように去ってしまう。

一人残されたアリス。
ただスノーホワイトに元気になって欲しかっただけなのだが、口ベタな彼女はうまく思いを告げることができなかった。

だが無常にも、そんなアリスにあの凶刃が迫りつつあるのだった・・・。

f:id:basiliskos:20161204013847j:plain

ハードゴア・アリス=鳩田亜子

鳩田亜子

ハードゴア・アリスの変身前の姿は、鳩田亜子という中学生の少女。驚異的な回復能力から病気持ちなのかと思っていたが、本人は至って健康。しかし、実の父親が母親を殺害するという事件を起こし服役しており、そのことで学校では「人殺しの娘」など心無いことを言われ続けていた。だが本人はクラスメイトを責めることもなく、預けられた先の優しい叔母に迷惑をかけていることを気にし、遺書を遺し自殺しようとしていた。が・・・

f:id:basiliskos:20161204013906j:plain

なんと亜子は、1話で家の鍵を失くして泣いていたあの少女。スノーホワイトが最初に助けたあの女の子だった!
その時の「白い魔法少女」に助けてもらったという記憶だけは残っていた亜子は、彼女と再び会うためにスマホを買ってもらい、魔法少女になれるというウワサに一縷の望みをかけて「まほいく」のゲームをし続けていた。

f:id:basiliskos:20161204021132j:plain

「黒い魔法少女」のアバターは、スノーホワイトのカラーリングに合わせてを作ったもの。魔法少女となり、スノーホワイトと並ぶ日が来ることを、生きる支えにしていたのだ・・・。

変身前を狙われ、アリスも脱落!

普通の中学生・亜子として登校していたところを、スイムスイムに襲撃されてしまうアリス!だが、衆人環視の中では変身することができない。

f:id:basiliskos:20161204013959j:plain

f:id:basiliskos:20161204014005j:plain

「一般人に正体を知られたら、魔法少女としての資格を失う(=死)」というルールを逆手にとられてしまい、アリスに変身することができない亜子。人気のない所まで逃げるも追い詰められ、なんの力も無い少女に無常の刃が振るわれてしまった!だが、ラッキーアイテムの「うさぎの足」の力なのか、彼女の今際の際の心の声が変身前の小雪に届く。

f:id:basiliskos:20161204014352j:plain

f:id:basiliskos:20161204014359j:plain

最後の力を振り絞り、自分が以前スノーホワイトに助けられたこと。昨日落ち込んでいたスノーホワイトを元気づけてあげたかったことを告げる亜子。そして、自分の寿命と引き換えにかったラッキーアイテムをスノーホワイトに託すと、瞳をゆっくりと閉じた。そしてその瞳はもう二度と、開かれることはなかった・・・。

スイムスイム組とクラムベリー、ついに対決!

f:id:basiliskos:20161204014814j:plain

アリスを殺害し、計画通り再び3人のチームでクラムベリーを襲うスイムスイム。だがクラムベリーの能力である「聴覚」は、なんと周囲の人間の心臓の鼓動すら聞こえるほどのものだった!

f:id:basiliskos:20161204014929j:plain

鼓動の音を聞きながら、とある岩を一瞬で突き破るクラムベリー。それは・・・

魔法少女育成計画10話 ミナエル

岩に変身し、身を隠していたミナエルだった!!
的確に心臓を貫かれた哀れな天使は、妹の後を追うこととなった・・・。

これで生き残りはたまとスイムスイムの二人に。
投石によりたまは腕を負傷しているが、まだスイムスイムにはラッキーアイテムの「元気が出る薬」がある。

ミナエル・・・美奈の死体を見ても冷静に対応するスイムスイムの姿を見て、「自分と似ているところがある」と不敵に笑うクラムベリー。ここまでで殺害数ぶっちぎりのトップのスイムスイムだが、ゲームの首謀者ともいえるファヴと手を組んでいる彼女を殺せるのだろうか?

ファヴが裏切ってスイム側につくという可能性もあるが・・・もしクラムベリーが死亡すれば、スイムが新たなマスターになるのかもしれない。

ミナエル&ユナエルの正体=天里美奈&優奈

天里美奈

子供の頃からそっくりな双子。
性格も好みも一緒で、母親ですらたまに見分けがつかないほどだったという。(一応カラーリングは分けられており、「緑」が姉の美奈、「赤」が妹の優奈となっている)

本来の年齢は性格にはわからないがおそらく高校卒業後も二人で一緒に暮らしており、姉妹そろって「まほいく」のソシャゲをするほど仲が良い双子だったようだ。

考察:魔法の国の存在

今週、クラムベリーとファヴの会話に登場した「魔法の国」という言葉。

どうやらファヴは「魔法の国」の命により、優秀な存在を異世界から選抜するという役目があるらしく、このゲームは「魔法少女人材育成計画」の選抜試験ということが確定事項となった。

しかし、本来は魔法の国は人間界に迷惑をかける気は毛頭なく、まして人死になどはご法度。この殺戮ゲームは全てファヴとクラムベリーが独断で仕掛けており、さらにファヴに至っては、魔法の国の報告書を改ざんし、あたかもほのぼの路線なゲームであるかのように見せ掛けているらしい。

報告書を額面どおりに受け取るなんて・・・「魔法の国」のチェック機関は相当にザルらしい。あれか!!どっかの国の地方議員みたく領収書も後だしOK!みたいなヤツか!!もっと第三者機関設置して厳しくチェックしなさいよバカぁ!!

最後に!

もうちょいしっかりしてぇ主人公ぅ!!(泣)
変身前を狙うというお約束やぶりな方法で、せっかく仲良くなったアリスが脱落・・・!いや、借りにあそこでケンカ別れしてなくても防ぎようはなかったとはいえ・・・。仲良し期間が短すぎるぅ!

てっきり病弱キャラだと思っていたアリスちゃんが普通の女の子だったのはびっくりでしたが、それ以上にものすごい良い子だったのがダメージでかいです。なぜ推しキャラばかり死ぬのだ・・・なぜだ・・・。とりあえず来週まで泣きはらします・・・。

↓次回もグロいぞ気をつけろ!