読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

ユーリ on ICE 3話感想~カツ丼エロスVSアガペー?ユリオとの対決の行く末はどうなる!?

アニメ アニメ-ユーリ!!!onICE

ユーリオンアイス ユリオ

ユーリ!!! on ICE 3話感想!
本編のネタバレありなのでご注意ください!

結論:実況のリアルさがすっげぇ!!

第3滑走のストーリー

ウブな勇利がエロス、血気盛んなユーリことユリオがアガペーという、互いにイメージが違うプログラムを披露することになった二人。この勝負、ユリオが勝てばヴィクトルはロシアに帰ってユリオのコーチに。勇利が勝てばヴィクトルは日本で勇利のコーチとなる。絶対に負けられない、互いの師を賭けた戦い・・・温泉 on ICEがついにはじまる!!

まずはヴィクトルによる演技始動

まずはアガペー、エロス。それぞれの振り付けをヴィクトルが踊る。

透き通るような旋律が特徴のアガペーは、神からの愛、自己犠牲的な精神をイメージした振り付け。指先まで繊細な動きが求められる、技術的にも難易度が高そうな曲。

そしてエロスは、全身から迸るほどの色気が滲み出る情熱的な曲で、振り付けもエネルギッシュ。表情にまで色っぽさが求められる。
エロスMAXなヴィクトルの表情や仕草を見て、思わず勇利も、

ユーリ3話 ヴィクトル

男のボクでも妊娠してしまいそうなほどエロスっ・・・!
との一言を漏らす。

f:id:basiliskos:20161020045231j:plain

視聴者も妊娠してしまいそう・・・。

ユリオのアガペー

そして本格的にヴィクトルからの始動を受ける二人。
だが、自分に圧倒的な自信を持つユリオの演技は、ヴィクトル曰く「欲が出すぎる」とのこと。アガペーの演技では自信を見せ付けるべきではない、との考えから・・・

ユーリonICE ヴィクトル
「寺だな!」

f:id:basiliskos:20161020045812j:plain

と言われれば坊さんから警策をくらい・・・

f:id:basiliskos:20161020045409j:plain
「滝だな!」

ユーリ3話 ユリオ

といわれれば滝に打たれるユリオ。
だが、一見適当に見えるこの指示は的確だったらしく、無心になったことで幼い頃のじいちゃんへの気持ちを思い出したユリオは、その思いこそ自分の「アガペー」だと気付く。

ユーリオンアイス ユリオのじいちゃん

幼いユリオの手をひいて、雪の中、一緒に練習に来てくれたというじいちゃん。「お母さんが来なくても大丈夫」というセリフがあるが、ユリオにとって両親よりも身近な存在だったのかもしれない。

勇利のエロス

ユーリオンアイス 勇利

自分の中のエロスに悩みまくる勇利。
悩んだ結果、
自分にとってのエロスとはカツ丼である。
という結論に落ちつく。
勇利・・・それ性欲ちゃう、食欲や!!

だがまぁ、食欲と性欲は似ているとも言われるし・・・あながち間違いってわけでもないのかもしれない。

何はともあれ自分の中のエロスを見つけることには成功。
「もっと卵を絡めるように!」という演技指導に若干の謎を感じるも、着実に演技を完成に近づけていく。

温泉 on ICE、開幕!

いよいよ二人に、試練の時が訪れる!
リビング・レジェンドの愛弟子たちの戦いということで、テレビ局も生中継するほどの人気イベントとなっていた今回の対決。お客さんも満員御礼だ。

ヴィクトル はせつ観光大使

そしていつのまにやら「はせつ観光大使」にまでなっていたヴィクトル。「はせつ、よかとこ~」と宣伝も忘れない。

まずは先行はユリオ。
彼のアガペーの演技から!

愛について~Agape~

ユーリ!!! on Ice 愛について~Agape~

美しい・・・。
ヴィクトルのジュニア時代の伝説の衣装に身を包んだユリオは、難易度の高い技をノーミスで披露。観客を魅了する。

f:id:basiliskos:20161020052445j:plain

だが当の本人は、演技をこなすことに必死で余裕がなく、「こんなもんじゃないだよオレは」と悔しそうだ。

続いては勇利

出番直前。緊張からか、ヴィクトルに話しかけられ・・・

f:id:basiliskos:20161020052827j:plain

この乙女みたいな反応。
そして、「美味しいカツ丼になるんで、ボクだけを見ていてください」というセリフからの・・・

ユーリ!!! on ICE 3話

ハグ!!
ユリオの演技に圧倒され、よほど心細かったのだろうか。
そしてこのあとの「カツ丼大好きだよ」の優しげな一言の破壊力ったらない。

愛について~Eros~

ユーリ3話 勝生勇利

実はミナコ先生から「女性らしい動き」について指導してもらっていた勇利。

自分はヴィクトルのような色男にはなれない。
だからこそ、色男の方ではなく、色男を虜にする美女としてのエロスを表現しようとする。

ユーリオンアイス 愛について~Eros~
「他のどの女よりも、私がいいんだって・・・」

その甲斐あってか、本番ではこの顔!
ヴィクトルが魅せてくれた表情までしっかり再現していた。

後半にジャンプ技を集中させるという構成で、四回転サルコウジャンプは着地に失敗してしまうも、ミスをひきずることもなく、見事に演技を終えた!

優勝は・・・

優勝は、なんと勇利!
めだたくヴィクトルは、ここ長谷津で、勇利の指導をしていくこととなった!

f:id:basiliskos:20161020054919j:plain

しっかりと勇利の肩を抱くヴィクトル。
なんか結婚式みてぇな絵面だ・・・。

ユリオにフラグ・・・?

ユーリ3話 優子

結果をみるまでもなく負けを認め、ロシアへ帰っていったユリオ。
しかし勇利の幼馴染で、人妻の優子には、ちょっと態度が違うというか・・・

f:id:basiliskos:20161020060546j:plain

f:id:basiliskos:20161020060803j:plain

この照れ顔である。
これは・・・フラグ建っちゃったかな?

勇利に続き、おまえもかユリオよ・・・。
名は争えんな・・・(?)

年上好きが露呈したり、意外な一面が何かと楽しかったユリオ。
勇利とラーメンを食べにいったりとなんだかんだで馴染んでいたので、ここでロシアに帰ってしまうのは結構淋しい!とはいえ、すぐ再登場しそうだが・・・。

【Amazon.co.jp限定】Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION(オリジナルブロマイド付)

【Amazon.co.jp限定】Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION(オリジナルブロマイド付)

 

↑劇中で使われたフィギュアスケートソングコレクションが発売決定なようです!

最後に!

スケートシーン・・・凄かった!!
たっぷりと魅せてくれた演技シーンの長さから伝わる本気度でした。
そして踊りとあわせると、アガペーもエロスも曲が本当に素晴らしくて・・・うっとりしてしまいましたね。
そして滑らかな動きもさることながら、加藤 泰平アナウンサーの実況のおかげで臨場感が半端なかったです!!
いやぁ、来週までもうずっとこのシーンをエンドレスで見ていたい・・・!ヴィクトルのエロスといい、この回は間違いなく最高でしたっ!!

↓次回の感想はこちら!

↓2016秋アニメ記事!