読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

【アニメ】迷家 マヨイガ 2話感想と考察~舞台は納鳴村へ!※ネタバレあり

f:id:basiliskos:20160415133326j:plain

第2話「一寸先は霧」のネタバレありの感想です!

結論:らぶぽんがまさかの処刑っ娘!

目次

あらすじ

村へ向かう途中でバスが谷底に落ちてしまったため、村の場所の口封じに運転手に全員分の財布を渡し、バスと運転手を置いて先へ進むことにした面々。やがて山道を抜けると、村らしきものが見えてきた。その場所が本当に納鳴村なのか調査をはじめるも、何故かその村には誰の姿もなく──

本当にあった納鳴村?

f:id:basiliskos:20160417004339j:plain

村には大きな川が流れ、家が点在している。誰も住んでいる様子はないが、荒らされている感じもない。掃除のバイトをしていたユウノ曰く、「ホコリの溜まり具合から、1年以上は放置されている」。
他にも山内が発見したクワのサビ具合からいって、数年間は人が住んでいない村であることは確定のようだ。

村にある家は古めの日本家屋といった体であり、電子機器(電話やTV)は今のところ発見されていない。だが素人が作れるといったものでもなく、少なくとも行方不明者たちが一から建てた家があるとは思えない。

また、公共物である公衆電話があることから、元々は地図上にも存在していた普通の村が、人口減少や合併などの問題で後に廃村となった場所の可能性が高いように思える。

こはるんに届いたメール

f:id:basiliskos:20160415140103j:plain

実はこの場所は、納鳴村について情報提供を呼びかけていたこはるんのPCに届いた、差出人不明のメールに書いてあった場所なのだという。つまり匿名の第三者からの情報だったのだ。しかしメールの写しなどはなく、電波が通じないであろうことからPCもない。こはるんの証言のみで実際にメールがあったかどうかの証拠はない。

疑問点:なぜツアーを企画したのか

「警察に届ける前に調査してみたかった」という彼女だが、なぜツアーの前にダーハラなどSSDのメンバーだけで調査にこなかったのかという疑問が残る。

本当にあるかどうかも分からない場所に大勢でくるのはリスクが大きすぎやしないだろうか?よほどメールに信頼性がある情報があったのか、もしくはツアーをするようにとメールで指示されていた可能性もある。

謎の足跡

村へ向かう途中の山道で、ユウネが「大きな影」を見たという、その場所には大きな獣らしき足跡があった。作中ではクマではないかと言われていたが、作中に登場した平たく大きな足跡と、実際のクマの足跡では特徴が大きく異なる。

f:id:basiliskos:20160415141233j:plain

アニメに登場した足跡と、以下が実際のクマの足跡の見本。

f:id:basiliskos:20160415141512j:plain

■出典
痕跡(フン、足跡など)から獣を特定します-鳥獣対策被害.com

このように平たい足跡に近いのは、実在している動物だとチンパンジーやゴリラなどの霊長類だが、彼らの指は長く、画像の様に短く丸くない。少なくともアニメに登場したような足跡を持つ獣は日本の山には存在しないと思われる。

第三者の影

村に到着した際、第三者がメンバーを見つめているようなカットがあった。また真咲も村で大きな影のようなものを目撃している

一瞬だったがこの影は鳥の様な?影だった。モデルとなった道志村にはカンキチという凶暴な河童の伝説があるが、「この河童は嘴は鳥のようであり、髪はざんばら、からす天狗のようであった」という説もある。村には綺麗な川があり、山に天狗はお約束。足跡の持ち主は、まさか妖怪のような人外の存在なのか。それともメールを送りここに来るように仕向けた第三者による工作なのだろうか?

人間による細工だった場合、わざわざ獣の存在を匂わす足跡を残さなければいけない理由があるはず。ミステリーでは殺人の罪を着せる為に架空のモンスターを作り出すこともあるが・・・。

運転手の謎

2話で一番不可解だったのが運転手の行動。
彼はツアーの参加者全員が去った後、何者かのドアを叩く音を聞き・・・。

f:id:basiliskos:20160415143939j:plain

外を見てこの驚愕の表情。
一体何を見たのか。
・異形の姿をしていた何か?
・ツアーの参加者とそっくりの人間がいた?

その後彼は一人で村にやってきて参加者と合流。
さらに先ほどまでの態度と打って変わって、一緒に村に留まるという。この変わり様・・・真っ先に思いつくのは、メールを送ってきた第三者による買収。出会ったばかりの人間を懐柔する手段として一番可能性が高く、運転手自身が口封じに乗ってしまうほどお金に貧窮している。買収した目的は彼にスパイさせるためか?

ただしこの場合は、出会ったのが人外ではなく人間だということが前提になるが・・・(外見は一緒だが中身がナニかに乗っ取られているというホラーな可能性も捨てきれない)

個人的に気になるのは、彼が美影ユラの提案により参加者全員の財布を持っていること。万が一運転免許証や保険証など個人情報がわかるものまで渡していた場合、(主催側であるダーハラをのぞき)彼だけが参加者全員の本名を知っていることになるが・・・。

どちらにせよ、この運転手の存在は今後の展開を左右するほど重要になってくるのかもしれない。

第三者についての考察と疑問点

こはるんに送られてきたというメールにより、わざと集められた可能性が。もしメールを送った人間がいるとして、その人間は何の目的があって「納鳴村」の場所を彼女にリークしたのか?

・都市伝説を自らの手で作り出したいオカルト的な人物。

参加者の一部、もしくは参加者全員に恨みをもつ人物の復讐。参加者は運転手をのぞけば全員が同じサイトで、互いのハンドルネームを知るほどにネット上では交流があるメンバーである。ネットリンチなどネット上のトラブルだろうか?

・運転手を懐柔した存在と、村にいる何者かの影と、メールを送った人物は全て同一人物なのか?複数犯の可能性も?

その他の疑問点

バスから食料を運んでいたようだが、バス料金や30名分の食料代といい、結構な料金がかかったはずである。中学生のらぶぽんやリオンなど、未成年の子供たちはどうやってツアー料金を払ったのだろうか。

・ツアーが誰かに指示されていた場合、指示した人物がツアー料金を負担していた可能性もある。

村に到着した際、
既にいる住民たちに受け入れてもらえるか、と楽しそうに話す面々に混じり、真咲のみ何かを呟いたあと険しい表情をみせるなど、反応が違った。

・彼女の目的は単純に人生をやり直したいということではなく、村にくることだったのか?

登場人物たちの新情報

光宗と颯人について

彼ら二人が小学生の時からの幼馴染であり、男子校出身という事実が判明。颯人が「アイツより俺の方がおまえのこと分かってるから」のようにあからさまに焼きもち(?)を妬いていたり、幼い頃光宗がイジめられていた時に「オレが守ってやる」と発言していることから、颯人の光宗への依存度は意外に高いのかもしれない。

その他の人物について

・借金苦の鳥安さんがわりと優しげで常識人。
・マイマイが光宗に声を掛け、さらに一方的に嫌っていた理由が「過去に自分をフった男に似ていたから」。・・・案外かわいらしい理由だった。
・光宗が女の子とフラグ建てすぎて怖い。

TVアニメ「迷家ーマヨイガー」スターターブック~納鳴村ツアーガイド~ (ぽにきゃんBOOKS)

TVアニメ「迷家ーマヨイガー」スターターブック~納鳴村ツアーガイド~ (ぽにきゃんBOOKS)

 

最後に

よっつんの死亡フラグ回避不可。
ヒロインに手ぇだしといて生き残れるわけがない!しかしまどマギといい、来週は「3話の法則」が発揮されそうな予感。ほのぼのD○SH村路線は消えたな・・・。ツアーを仕組んだ黒幕の存在や村にいる第三者の影、そして謎の足跡・・・ホラーなのかミステリーなのか、来週で方向性が確定するのでしょうか?

現在は迷家-マヨイガ-2話はGYAOなどの配信サイトで視聴する事ができます。1話も見逃し配信されているので、地上波組の方はぜひそちらから!各配信サイトの詳細は公式サイトからチェックできますよ~!

↓次回感想はこちら!

↓果たしてこの予想が当たってしまうのか・・・

↓1話時点の疑問点まとめ!