読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

【映画感想】リング(1998年)~貞子inアナログテレビよ永遠なれ!※ネタバレあり

ホラー映画 映画

リング [DVD]
ミステリー度 ★★★
恐怖度 ★★★
貞子の衝撃度 伝説級。 

結論:原作を忠実に再現したラストシーンが素晴らしい!

1998年 日本
監督:中田秀夫

※本編ラストのネタバレあり。未視聴の方はご注意ください※

/主要人物/
■淺川玲子(演:松嶋菜々子 )
テレビ局のディレクター。
姪の智子が亡くなったことで「呪いのビデオ」の存在に気付く。
原作の設定では男性。

■高山竜司(演:真田広之)
玲子の別れた夫。大学で講師をしている。
霊的な存在を感じ取ったり、他人に触れると記憶を読み取ることができるなどの特殊な力がある。ちなみにこの能力や主人公の元夫という設定は映画オリジナルのもので、原作では主人公の高校の同級生。性格も違う。

■淺川陽一(演:大高力也 )
玲子と竜司の一人息子。
小学生という年齢のわりに落ち着いた少年。竜司の力を受け継いでいるのか、智子の幽霊を目撃するなど霊感を持っているような描写がある。

■大石智子(演:竹内結子
玲子の姪の女子高生。
記念すべきこの映画の第一犠牲者。

■高野舞(演:中谷美紀
竜司の大学の教え子。
この映画ではまだちょい役。

■山村貞子(演:伊野尾里枝)
この映画の黒幕にして最高のヒロイン。残念ながら顔は見えないが実はものすごい美女。

ミステリー要素ありのストーリー

もうネタバレもクソもないぐらい有名な、貞子が創り上げた「呪いのビデオ」にまつわる7日間を描いた映画。

「VHS」という、2016年現在ではすでにクラシカルな雰囲気ただようアイテムを使い、さらにもはや死語となった"ダビング"というシステムが、呪いを解く最大の鍵であると同時に呪いを連鎖させるという、「呪いのビデオ」という言葉から連想される恐怖を最大限に活用したストーリー。そして「井戸から這いずり出てくる女」という古典的な幽霊を、衝撃の1カットで一気にホラー界のスターに伸し上げた中田監督の演出が秀逸だった作品。

まつげを脱毛した助監督の努力の賜物か、あの目ん玉ぎょろりんのシーンが全部かっさらってしまった感はあるものの、まだこの映画には、主人公たちが「呪いのビデオ」に残された方言や新聞の噴火のニュースといった断片を繋ぎ合わせ、元凶の地・伊豆大島へ向かい、貞子の正体を突き止めていく・・・という、ホラーだけではなくミステリー要素も楽しめる作りとなっている。

アナログな演出

「呪いのビデオ」を見終わったテレビの画面越しに幽霊が映る・・・という恐怖演出。現在の液晶テレビでは出せない味がある、このアナログテレビという存在そのものが、本作の魅力の一つであると思う。

例えばテレビから貞子が這いずり出てくるシーン。貞子の人気を不動のものにした超有名シーンの一つだが、これはアナログテレビ特有のあの背面の厚みに、「ひょっとしたら中に何かいるのかも」「家のテレビからも貞子でてくるかも!?」という妄想を掻き立てられるから効果的なのではないだろうか。

だからうっすい液晶テレビから貞子が飛び出してきても恐怖半減なんだよ貞子3D・・・。

とにかく明るいfeels like “HEAVEN”

「来る、きっと来る」を繰り返す不気味な歌詞が印象的な、映画リングを代表する主題歌『feels like “HEAVEN”』だがサビの歌詞は「く~る、きっとくる~♪遠ざかる~♪と続いたりする。どっちやねん!

実はこの曲。
映画でかかるバージョンはかなりホラーなアレンジが加えられており、原曲は爽やかで明るいポップな曲だったりする。なかなかサビ以外の部分がテレビでかかることはないが、機会があればぜひフルで聴いていただきたい。

feels like HEAVEN

feels like HEAVEN

  • HⅡH
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

※追記※
ブコメでご指摘いただきましたが、サビの歌詞は「く~るぅ~♪」ではなく、「Oooh(うーうー)」が正解とのこと。ずっと「来ーるーきっと来るー」だと思ってたぁぁ!大っ変失礼いたしました!

~こんな人にはオススメできません~
■VHS?なにそれおいしいの?な人。
ダビングという言葉が分からない人にはこの映画の恐ろしさはわかるまいてかVHSをナマで見た事が無い人がいるという事実の方がホラー。

最後に

数年ぶりに観ましたが、竹内結子さんが女子高生役を演じていたことや、主人公の同僚役に松重豊さん、中田さん初監督作品「女優霊」で主役を演じていた柳ユーレイさんなどなど、ちょろっとした役で結構な方々が出演されていたことに気付けて、なんだか逆に新鮮な気持ちになりました。

でもまさか公開から15年以上経って、他のホラー映画ヒロインとガチバトルするとは夢にも思わなかったなぁ・・・

まぁ絶対観るけどね!(笑)

 

↓貞子の呪い、動画に対応しました☆