読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

【映画感想】るろうに剣心 京都大火編~遂に京都編!志々雄一派ほか新キャラのキャスティングも◎!※ネタバレあり

映画 映画-その他 漫画

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [DVD]

アクション ★★★★★
テンポ ★★★★
キャスティング よくやった! 
結論:福山さんが全てをかっさらっていきました。

2014年 日本
監督:大友啓史

/主要人物/
■緋村剣心(演:佐藤健)
お馴染みの流浪人。
自分の後を継ぎ人斬りとなった志々雄の暴虐を止める為、一人京都へと向かう。

■志々雄真実(演:藤原竜也)
全身に包帯を巻いた男。
「所詮この世は弱肉強食」を信念とし、明治の世に再び動乱を起こそうと暗躍する。

■瀬田宗次郎(演:神木隆之介)
志々雄の仲間。
小柄な少年だが神速の剣技の使い手。

■四乃森蒼紫(演:伊勢谷友介)
抜刀斎を執拗に狙う謎の男。
剣を持っているが、肉弾戦で佐之助を圧倒するほどの腕を持つ。

■巻町操(演:土屋太鳳)
剣心の逆刃刀を盗んだ小娘。
その正体は・・・

■相楽左之助(演:青木崇高)
お馴染みの喧嘩屋。
政府に呼ばれた剣心を心配してついてきてくれたり、一人京都へ行った剣心に「なんでオレを連れていかねぇんだよ!!」とおいてけぼりにされたことにキレるなど、良い人度が増している。
前作に引き続き愛すべき阿呆っぷりを発揮する

最大の見所:京都編の新キャラのキャスト勢!

京都編と言えば原作の最人気エピソード!尚且つ最高の悪役として名高い志々雄真実や女性人気ぶっちぎりの宗次郎の登場、更に前作からの期待感もあってかもうハードルが高くなり過ぎて、続編はガッカリの法則になるんじゃないかとヒヤヒヤしていたが、またも良い意味で予想を裏切った新キャラのキャスト勢たちがハマっていた!!

藤原さん演じる志々雄の抜群の安定感、原作のヴィジュアルを忠実に再現した、おにぎり頭こと方治を演じる遠藤賢一さん、その他悪役キャストは非常に良かった!
特に実写でも女性人気をかっさらった神木君演じる宗次郎の可愛さ!!原作の美少年というイメージを崩さない素晴らしいキャスティングでした。

個人的お気に入りシーン!

操ちゃん役の土屋さんの可愛くも迫力のあるアクションシーンや、弥彦のスライディングシーン!!
キャラ一人ひとりに見所があるってのはやっぱいいですね!
佐之は重くなりがちな今作に笑いで癒しを振りまいてくれました。

CCOがいっぱいコレクションなシーンや台詞の9割が抜刀斎だった蒼紫にも大爆笑したけどな!!

衝撃のラスト

美味しいところを全てかっさらっていく師匠の登場でラストを締めくくったのは素晴らしい。師匠のキャスティングにまさかの福山雅治を使うという、原作に似せるよりもラスボス感を優先したのも良いと思う。まさに後編を見なければ!!という気にさせる良いラストだった!!

~こんな人にはオススメできません~
■蒼紫の設定改変が許せない人
2時間の映画に収める為とはいえ、原作でも部下達が蒼紫を守る為散るエピソードは人気が高く、またこのエピソードがあった上での後半の「抜刀斎を執拗に狙う」という設定のため、それを完全に除外してしまった映画の設定改変が許せない方もいるはず。

■やはりキャスティングが・・・な人
原作でも人気が高い悪役が続々と登場するので、特に志々雄、宗次郎、蒼紫のキャスティングを見て「イメージと合わない!!」と思った方にはオススメできない。

最後に!

福山さんが師匠ってのがホント卑怯。
1カットしか顔が出てこないってのも美味い。賛否両論は勿論あれど、個人的には悪役勢や操ちゃんのキャスティングに文句なし!最後まで楽しんで観れました。来週の金ローも楽しみです☆

↓いよいよ三部作ラスト!