読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

貴族探偵 4話感想~今週は温泉回!松重さんがサービスサービスぅ!

f:id:basiliskos:20170508210110j:plain

ドラマ「貴族探偵」4話感想!
事件のあらすじ、犯人の正体やトリックなどネタバレ含みますので、未視聴の方はご注意ください!

※原作は未読の状態で視聴。

結論:佐藤さん万能説。

4話のあらすじ

依子と共に温泉にやってきた愛香は、そこで貴族探偵と殺人事件に遭遇する。が、温泉宿に通じる唯一の道である吊橋は温泉側から破壊されており復旧は難しい。山を越えて宿に来るには丸一日はかかるという、警察もすぐには来れないというこの状況。今回は貴族探偵自ら推理するかと思われたが・・・?

いつものキャラ

■玉村依子(演:木南晴夏)
1話から再登場。
相変わらず百合百合しいご令嬢で、愛香を温泉に誘う。「愛香が酔うと切子に似ている」といい、師匠にも会ったことがあることを伺わせた。だが彼女の財力や地位を持ってしても貴族探偵の本名すら知ることができないらしい。愛香の頼みにより、貴族探偵の素性を知っている可能性がある伯爵の位を持っている親族に会わせると約束してくれた。つまり来週も登場する。

■高徳愛香(演:武井咲)
せっかく心霊スポット・・・ではなくパワースポットの温泉にやってきたものの、いづな様お祈り用の紙を書いていないという理由で一般人用の客室に泊まることに。さらには貴族探偵と同室にされお布団ぴったりというフラグまで強制的に建てられた。

どうやら悪評は確実に広まっているらしく、仕事は着実に減っているらしい。大丈夫か?

■師匠
ラストで彼女の部屋から貴族探偵の紋章が入った書類らしきものが発見された。深まる関係者疑惑。

■鼻形雷雨(演:生瀬勝久)
婚活のためにこんな山奥まで神頼みしにきた警部。今回は状況的に容疑者の一人でもある。そして進撃の巨人を知っていることが判明した。ネタが新しい・・・だと!?

■常見(演:岡山天音)
ついに敬語が消滅した鼻形の部下。確実に貴族側の人間になりつつある。

■和泉(演:田中道子)
佐藤にガチ惚れしたらしく、彼女も心身ともにマル貴の一員となった。

4話の登場人物

■有畑しずる
4ヶ月ほど前から優ちゃんという男性と付き合っていたことをSNSに投稿していた地下アイドル。だが関係がこじれたのか恋愛の悩みを投稿するようになり、「さよなら優ちゃん」とネット上に残し、投身自殺してしまった。

■田名部優
しずるを自殺に追い込んだとファンから猛烈に恨みを買っている人物。だが実際はいづな様の温泉にまで足を運ぶ大の温泉マニアで、人の良さそうなごく普通の青年である。密室と化したいづな様専用の温泉に入っている最中に頭をかち割られ殺害されてしまったが・・・。

■浜梨久仁子(演:釈由美子)
温泉宿「はまなす館」の女将さん。日本人形みたいなヴィジュアルをしているが、別にお逝きなさいとかいったりしない。
いづな様の伝承に詳しい信奉者で、寂れた温泉宿をたった一人で切り盛りしている。いづな様は外の世界のものを嫌うという理由で、序盤で客たちの携帯電話を預かっていたが・・・。

■赤川和美
いづな様に願いを叶えてもらいに来た客で、容疑者の一人。茶髪のショートカットの女性で、貴族探偵に口説かれていた。

■金谷沢広成
いかにも神経質そうなメガネの男性。
温泉客の一人だが、いづな様を熱心に信じている。

■有戸秀司
いづな様目当ての温泉客の一人。
前橋でバーをやっている明るめの男性。

■下北香苗
貴族探偵と一緒にやってきた女性。いづな様にお願いしにやってきた。探偵に惚れている。

使用人たち

■佐藤(演:滝藤賢一)
断絶され、今回は使用人たちの出番はないだろう・・・と思われたが、山を4時間で走りぬけ、吊橋を直したハイパー運転手。もうこの人に出来ないことは何もねぇ。いつも強面だが、和泉に褒められた時は満面の笑みを見せる。

■山本(演:松重豊)
今回は再現VTRで全裸を披露するなどセクシー担当。クイズのおっさんといい松重さんをやたら脱がすフジテレビェ・・・。本当にありがとうございます。

■田中(演:中山美穂)
今回は事件の詳細を東進ハイスクール式動画にして説明してくれた。遠距離からのサポートも完璧な書記官。再現VTRでは犯人役を担当したが、進撃の巨人と称された山本の巨体を引き上げる事ができず、黒子に徹していた佐藤に手伝ってもらっていた。

■貴族探偵(演:相葉雅紀)
香苗との温泉旅行と言うことで、使用人がいないという珍しい状況だった探偵。全人類の女性という女性を愛する事が貴族のたしなみと豪語した。

だがやはり使用人がいない状況でも些細なことから事件に気付いていたらしく、推理力や観察眼はズバ抜けて高いことをうかがわせた。

■シュピーゲル
お利口なわんこ。
なんと山を駆け抜け、いちはやく貴族探偵に荷物を持ってきてくれた。なんというグッドボーイ。

事件の詳細

事件があったのは、いづな様にお祈りをした人でなければ入れないという浴槽。愛香や貴族探偵など一般人は入れないが、祈願の申し込みをした人間たちだけは特別にいづな様がいるというエリアの宿泊が許可される。

このエリアは外からは侵入できず鍵が必要。だが鍵は女将が所持している。ただし内側からは開けることは可能。

通話記録から、田名部と思われる人物が電話をかけており、犯行時刻は0時30分から2時の間となっている。

またこの殺人事件後、全員の財布が盗まれるという盗難事件も発生している。

4話の推理ポイント

・脱衣所までひきずられた遺体の謎
・電話のそばにあったメモの筆跡。

犯人は鍵を持ち、密室に自由に出入りできた女将だと推理する愛香。だが貴族探偵と女将は犯行予想時刻、ずっと一緒にいたことが判明。全員に完璧なアリバイがあるという状況になってしまった。が、探偵はすでに事件の真相が解っているという。そして背後からは、いつもの3人組の姿が・・・

犯人と事件の真相

実は田名部優を名乗っていたのは赤川和美という男性。温泉で赤川和美を名乗っていたショートカットの女性こそ、有畑しずるの恋人である田名部優だった。

彼女はネットで本名を特定されたことで恐怖を感じ、願いが叶うと評判のいづな様に神頼みをすることにしたが、本名を公表しなければならないため、友人で女性らしい名前を持つ赤川と入れ替わっていた。だがその友人が殺害されたことで自分の身元がバレることを恐れた彼女は、事件後、全員の財布を盗むことで身分証を隠そうとしたのだった。

このことで犯行時刻にアリバイがないのは有戸秀司のみとなり、彼が殺人犯であることがわかった。熱狂的な有畑しずるファンだった有戸は、ネットでしずるの恋人だったと話題の田名部の名前を見つけ衝動的に犯行に及ぶも、田名部(と思い込んでいる赤川)のスマホを発見し、しずるの写真みたさにロックを解除しようとする。

だが温泉でふやけてしまった指では指紋認証が反応せず、しかたなく遺体を脱衣所までひっぱりあげ、ドライヤーで指を乾かしスマホを覗き見た・・・というのが真相だった。

吊橋が落ちたのは、貴族探偵と少しでも長く一緒に過ごしたいと考えた香苗の仕業。だが彼女もこんなことになるとは思っていなかったはず。貴族探偵は「真犯人を逃さないようにいづな様が仕組んだ」といって、彼女の罪を問わなかった。

感想:めっちゃとばっちり

佐藤さんはどこまでチートになっていくというのか・・・。リーガル・ハイの服部さんを思い出すわ。

今回はいきあたりばったりの犯行ということで、かなり強引なお話に。ただ、貴族探偵が入れ替わりに気づいたのが、赤川和美のフリをしていた田名部優に手帳に連絡先を書いてもらっていた・・・という伏線はわかりやすかった。だが本当に愛香は廃業の危機なのでは・・・。

犯行に女性同士の恋愛という要素を混ざってきた途端に依子がレギュラーに復活してくるというタイミングに邪推せざるを得ない感じはする。本当に貴族探偵が好きなのか疑問すぎ。だって1話の女友達たちには全然してないのに、愛香にだけほっぺにチューしすぎじゃない??これで鼻形と最終的にフラグが建ったら爆笑かもしれない。

4話にて師匠がいよいよ貴族探偵と関わっていたらしいことが明らかになったし、来週あたり御前さまの本名ぐらいは判明するのだろうか。・・・まぁそう匂わせておいて多分1ミリも判明しないのだろうが。

最後に!

松重さんみて進撃の巨人は無理ある。さすがに無理ある。

でもまさかの全裸に衝撃を隠せない。クイズのおっさんの時も思ったけど、松重さん細い・・・!!

別の意味でセクシー回だった温泉回。なんだか女探偵と徐々にフラグが建ってきたような気もするが・・・この2人は別にくっつかなくていいというか、依子の態度が気になり過ぎて・・・まさかこっちがくっつくとかは・・・ないかな・・・?

↓前回の感想!