読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

Outlast2 プレイ感想③~ジェシカの手紙の考察など。死にゲー過ぎて心折れそう!

f:id:basiliskos:20170427045358j:plain

「Outlast2」のプレイ感想!本編のストーリーのネタバレありなのでご注意。今回は考察要素もあり。幼馴染のジェシカの死の謎。村の狂気に主人公・ブレイクの精神も呑まれてしまったのか、彼女の歌声や言葉がどこからともなく聞こえ、そして目の前にはかつての母校の幻が何度も現われます・・・。

トウモロコシ畑へ

f:id:basiliskos:20170426180640j:plain

イーサンの家を抜けて川を渡り、たどり着いた場所はトウモロコシ畑。スティーヴン・キングの小説にも出てくる、海外ホラーお約束のロケ地のご登場となった。子供たちに収穫されちゃいそうな予感。

f:id:basiliskos:20170426180108j:plain

手前には山羊の格好をさせられ、火あぶりにされて殺されている死体が。しかも片方は子供。マジでイーサン以外まともな村人は存在してないらしい。

f:id:basiliskos:20170426181210j:plain

畑の奥には村エリアへと通じる門がある。男性の絶叫が聞こえるので隙間から覗くと、またもやあのツルハシ女が・・・!

神の愛とは

f:id:basiliskos:20170426193525j:plain

居住区エリアの奥へ奥へと進んでいくと、再びフラッシュ現象が起きる。だが今度は学校ステージにワープするのではなく、なんと鳥がボトボト落ちてくる。バードホイホイ的な・・・?

実はこのあと、ブレイクがむかし学校の先生から言われたという「鳥たちの歌声は、神が存在し、人間を愛をしている証拠」というセリフが出てくる。だとすれば歌わなくなった鳥=神は人間を愛してない、的な意味なんだろうか。そういえばprpr兄ちゃんもそんなこといってたような気がする。

異教徒の神殿へ

f:id:basiliskos:20170426202556j:plain

洞窟を抜けると、そこには見るからに厨二病な怪しいオブジェクトが。どうやらここが異教徒の神殿らしい。すぇなかに羽、頭にはツノ・・・そういえばペロペロ兄ちゃんが連れていた人外っぽい生物も、こんな感じで頭に角を生やしていた様な気がするが・・・。異教徒たちはこの怪物を信仰しているのだろうか。

f:id:basiliskos:20170426202816j:plain

さらに先に進むと、首を吊った少女の姿を発見。この少女は幻で近づくと消えてしまう。制服を着ているということはこの子がジェシカなんだろう。ということは、やはり自殺だったのか・・・。

だが気になるのは、さきほどの神殿のオブジェクトをビデオに撮っていた時、ブレイクが

は言った。
彼女が自分でやったと。お前を守っていたのだと」

と呟いていたこと。
この"彼"というのは学校ステージに登場する黒い人影で、冒頭でジェシカが恐れていた人物のことだろう。ジェシカはブレイクを庇い、そのことが原因で自ら首を吊ったのか・・・?

テンプルゲート中央広場へ

f:id:basiliskos:20170426224024j:plain

リンをさらった連中がいると思われる教会。ふもとの村ではエレベーターを起動するのに発電機を起動させなくちゃいけなくなったりと、ギミック要素が増えてきたが、ここからは基本、信者たちをかいくぐりながらアイテムを見つける→ツルハシ女出現→逃げながら脱出・・・の繰り返しになる。ぶっちゃけドラム缶や隠れるポイントを使うより、もうゴリ押しで走り抜いてしまった方が早かった(あくまで自分の場合は、だが)。

どこが目的地かわからないうえに初見殺しの遭遇イベントも多いため、初回で死なないようにジリジリ進むより、死にながら敵が登場するパターンを見極めていった方がいいと思う。

このエリアではどこかにある発電機を起動させ、エレベーターで先に進む。座っている村人やブツブツ祈っている村人、ドアを開けたらベッドで寝ている村人など、意外にこっそり近づけば気づかないヤツらもいるので、かわせるところはかわしてさっさと先に進もう。

エレベーターに乗ると、サリヴァン・クノースが創設したという「テンプル・ゲート《聖堂の門》」と書かれた場所に出る。そして再びジェシカの歌声が・・・

突然の触手プレイ

f:id:basiliskos:20170427025210j:plain

広場の井戸を調べるといきなり触手にアッー!!され、そのまま井戸の中に落とされる。まだ調べてない場所あるのに!(涙)

だが井戸の中を這いつくばって進んでいると足元が崩れ・・・

f:id:basiliskos:20170426231320j:plain

またもや舞台が学校に!?
何がどーなってんだ一体・・・。

学校ステージ再び

f:id:basiliskos:20170427025803j:plain

廊下に出ると、冒頭の学校シーンにも登場したジェシカのロッカーがまた開く。ロッカーのドアの裏面には3人組の写真と、新たに手紙が追加されている。二人分の筆跡で書かれたこの手紙・・・これは、リンとジェシカの回し手紙だと思われる。多分内容は非常に重要なものとなっているはずだが、残念ながら日本語訳はでてこない。

全く英語ができない上に、暗視モードのスクリーンショットを参考にしているため英文があっているのかも怪しいが、念のため自分が解る限りの英文と、エキサイトしている翻訳を記載しておく。が、間違いが多いと思われるので決して鵜呑みにはしないようご注意ください。(※29日追記:コメントからのご指摘により、dadを父親に訂正。ave a big sloppy cruch on~の訳を変更しました。Uさんありがとうございました!)

回し手紙の訳と英文

青文字がジェシカの文章
赤文字がリンの文章です

Hey Lynn!
I'm booooooored.
Mr combover's still talking about the 30 years war・・・
Blah Blah Blah HAPSBURGS!!! Blah Blah
Anyway I'm not riding home with you today because
I've got journal but I'll call you when I get home,OKAY?

Hey リン!
私はうんっっざりしている。
あのミスターバーコードハゲ、まだ30年戦争について話してる・・・ハプスブルグ家がうんたらかんたら!!!
とにかく私は学級新聞を作らなきゃいけないから、今日はあなたと一緒に帰る足はないの(?)でも家に帰ったらあなたに電話するから、OK?

Sup Jess!combovers the worst.
His Nasal Spray totally makes me want to puke!

Journal HUH?
Are you doing journal because
you want to expose the dark truth behind the St.Sybil Field hockey team?
your dad is forcing you?
you have a big sloppy cruch on Blake!!!

やぁジェス!
あのバーゴードハゲは最悪ね。
彼の鼻スプレーは私もすごく吐き気を催すわ!

学級新聞って?
あなたはセントシビル校のホッケーチームの裏の薄暗い真実を暴露するつもりなの?
あなたのお父さんはあなたに強制しているの?
あなたって本当にブレイクにお熱なのね!!!

shut up, BITCH!!!

Also, We should replace combover's nasal spray with hot sauce.
Also, REALLY,SHUT UP!

黙れビッチ!!!
私たちはあのバーコードハゲの鼻スプレーをホットソースに置き換える必要があるわ。
本当に、もう、黙ってて!!

手紙の考察

30年戦争とは、1618年から1648年にプロテスタントとカトリックが展開した最大の宗教戦争のこと。セント・シビル校はカトリック系(?)の学校っぽいので、小学生でも歴史の授業で教えていたのだろう。

またこの内容から察するに、ジェシカはブレイクと付き合っていたと思われる。小4なのにおませさんだなぁオイ!しかしリンの返事の最後の文章が恐らく悪口であり、それに対してジェシカがブチ切れているため、どうやらケンカしてしまった様子。さらにジェシカはブレイクを通じて、ホッケー部の何らかの不正を暴くための書類(ジャーナル)を入手していたっぽい。

※29日追記※
当初は上記のような考えでしたが、訳の変更により、この手紙がいわゆるノロケのようなもので、険悪なケンカとは全く違うことが判明しました・・・。大変申しわけございません!!あと、ホッケー部云々も子供らしいゴシップ根性の範囲内で、そんな重要なものではない感じです。

ジェシカの最後の文章では、combover's・・・バーコードハゲの先生に嫌がらせをしようとしていたみたいだが、ブレイクと一緒に学校に忍び込んだ時に、あの黒い人影と遭遇したのだろうか。彼の正体が手紙で散々な言われようのバーコードハゲとは思えないが・・・手紙の下に書いてあるユニコーンとケンタウロスの絵も意味深である。

f:id:basiliskos:20170427032058j:plain

さらにロッカーの中にはジェシカのオルゴールが。彼女はブレイクに何を伝えようとしているのだろうか・・・?

なんか出やがった!!

f:id:basiliskos:20170427032752j:plain

ジェシカの幻を追っていると、首を吊ったジェシカの姿が再び現われる!急いで近づくと・・・

f:id:basiliskos:20170427032943j:plain

天井からなんか出たぁぁ!!
いやぁぁぁ!!!

天井から複数の腕が出てきて、ジェシカの遺体を引きずりあげていく。しかもこの手、まるでスタンバイでもしているように、この後もずーっと天井のそばで構えている。

進める道はここだけなのに。え?何?死ねってこと・・・?

怒涛の展開

f:id:basiliskos:20170427033543j:plain

勇気を出して手の真下を通り抜け音楽室に入ろうとすると、向こう側からいきなりおっさんが飛び掛ってくる!!

そう。
またもや一瞬にして学校パートからまたもや村パートに戻されるのだ。しかもいきなり近距離からおっさんにおっかけられるというベリーハードな展開・・・しかも新規マップでどこにいったらいいのかさっぱりわからないなか、ノンストップで逃げ回らなければならない。ここで何度死んだことかッ・・・。

多分大半の人が初見で死んだであろう場所は子供部屋エリアだろう。最初の見張りを交わしても、進行方向にある地下室にはもう一人見張りがいるという最悪な状況をくぐりぬければ、後は道なりにどんどん進むだけだけだ。

新たなエリアへ

繋がれた女性がいたり、落とされて串刺しになった死体があったりと陰鬱な光景が続くが、基本はずーっと追われる→逃げるの繰り返し!!脱出口を見つけるまで延々と死に続け、ようやくたどり着いた場所は村の学校。

f:id:basiliskos:20170427040421j:plain

黒板には「天国へいくことを恐れないで」という文字。そしてその前には女性教師らしき人物の死体がある。焼死体や拷問されたような酷い死体が多い中、外傷が少ない死体だ。村の人たちから尊敬されていたのかもしれない。

f:id:basiliskos:20170426015519j:plain

ここからしばらくは、主人公が脱出ポイントに近づくたびにツルハシ女がおっかけてくるという仕様になる。具体的にいうと、柵を乗り越えようと荷台を運んでいる途中に塀を突き破ってでてきたり、さっきまでいなかったのに瞬間移動して後ろから現われたりと、ほぼ強制イベント的に遭遇する。隠れてやりすごすということがほぼ不可能なので、ひたすら走り回って撒いた方がいい。

やっとこさ礼拝堂へ

f:id:basiliskos:20170427042104j:plain

リンがいるかもしれない礼拝堂へやっと到着。だがリンの姿もベロンベロンにーちゃんの姿もない。

f:id:basiliskos:20170427042319j:plain

だが奥に拷問器具に磔られた男性が!目を潰され酷いケガをしているがまだ生きている。妻・メアリーが拷問されずに済むよう「オレを殺してくれ」と主人公に頼んでくる。その直後、信者たちが礼拝堂に戻ってくる。そのままいてもブチ殺されるだけなので、ここは泣く泣く懺悔室の中に隠れるしかない・・・。

ここからは、やってきたクソ神父のクノースの話と彼らが拷問をうける様をずっと立ち聞きしなければならないが、話をまとめると、リンはあと数時間で世界を破滅させる子供を産む(とこいつらは思っている)。リンをさらったベロベロ兄ちゃんはクノースの助祭士のヴァルという男で、彼らは子供が欲しいが、クノースは子供を産む前に殺したいと思っている。磔にされた男・ジョシュアは、彼らがリンをどこへ連れていったか知っているが拷問しても吐かないため、代わりに妻のメアリーを拷問することにした・・・ということらしい。

妻の叫び声を聞いてさすがのジョシュアも口を割り、リンは鉱山へ連れて行かれたことがわかる。

全てが終わり・・・
あとにはジョシュアとメアリーの死体だけが残されていた・・・

今回の考察ポイント:クノース教の目的

信者のメモによれば、「クノースに孕まされ想像を絶する痛みを抱えていることで、お腹の子が魔王だと確信している」とある。つまり、わざわざ吐き気を催すような邪悪な所業をして女性を孕ませることで、おなかの子に悪の親玉みたいなのを宿らせて、それを俺達が殺すことでキリストを守るぜー!みたいなノリなんだろうか。なんっつー本末転倒な・・・。

とはいえリンは村にきたばかりで、あの短い時間に寝取られたわけではない。たまたま最初から妊娠していただけ(・・・多分)。なのに何故、クノースたちは悪魔の子だと確信しているのだろうか?

ちなみに今回、村人たちからツルハシ女が「クノースの目」と呼ばれていることも明らかに。彼女は完全にクノース側の怪物のようだ。

ジェシカの自殺について

死亡時間?

冒頭で登場した学校ステージでは、時計は18時10分ごろを差していた。が、今回のジェシカの首吊り場面では、時計は17時7~8分ごろを差している。この時差はなんだろう?17時がジェシカが首を吊った時刻で、18時がブレイクがジェシカを発見した時刻ってことだろうか?

原因はブレイク?

今回はところどころに、ジェシカがブレイクを庇って死んだと思われるようなセリフが登場する。手紙の内容しかり、ブレイクの独り言しかり。また、最後のジョシュアとメアリー殺害後の現場を撮影すると、ブレイクが「いつもそうだ。男に罪を吐かせるために女を拷問する。反吐が出そうだ」と嫌悪感をあらわにしたセリフを吐く。ブレイクから何らかの情報を引き出すために、ジェシカは自殺させられたのだろうか・・・?

【スポンサードリンク】
 

 

最後に

村中が赤ん坊のだらけなのは、子供を殺されてしまった母親の心を慰めるためだったのだろうか・・・。今作は前作以上に欝な描写が多いですね・・・。

でもそれよりも何よりもキッツいのは死にまくること!!もうなんべん死んだかわからないぐらい死んでるぅ!意外にこうなると、「あーもう電池もったいないからいっぺん死んでいいや!」みたいになっちゃって、段々怖さが薄れちゃうんですよね。もうツルハシ女とか見慣れすぎて全然怖くなくなりました。あんだけアップで何度も見つめられたら慣れるのも致し方ない。

もうすっかり走り回ることがデフォになっちゃってステルス全くしてないんですが、果たしてこの戦法でどこまでイケるのか・・・?とりあえずもうちょっと頑張ってみようと思います!

↓次回のレビュー!