読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

かまいたちの夜 輪廻彩声 ネタバレレビュー~名作のリメイク!竜騎士さんの新作シナリオや演出はどうだった?

ゲーム ゲーム-かまいたちの夜

かまいたちの夜 輪廻彩声

名作サウンドノベル「かまいたちの夜」が、ADV形式となってリメイクされた『輪廻彩声』!竜騎士07さんの新規シナリオ、声優によるフルボイス、そして何より、シルエットだったキャラクターがイラストとなったことで大変な話題を呼んだ今作!早速プレイした感想を述べていきます!

※初代「かまいたちの夜」、及びその続編「監獄島のわらべ唄」はプレイ済み。
※ミステリー編の犯人名や、新規シナリオの結末など重大なネタバレは今のところボカしてあります(のちほど追記予定)。

目次

かまいたちの夜とは?

信州の山奥にスキー旅行にやってきた1組のカップル。
大学生の透は、ガールフレンドの真理の叔父夫婦が経営しているペンション「シュプール」へとやってくる。が、楽しいひと時も束の間、「こんや12じ だれかがしぬ」と書かれた謎の言葉通り、殺人事件が起きてしまう・・・!

吹雪に閉ざされ電話も通じず、どこかに潜む殺人犯と共に夜を過ごすことになってしまった透たち。果たして、13人の登場人物の中に犯人はいるのか!?

90年代のミステリーサウンドノベル屈指の有名作。
最初のストーリーは上述した「ミステリー編」と呼ばれる、殺人事件の謎を解く王道推理ミステリーだが、一度クリアすると選べる選択肢が増え、その後はオカルトじみた展開の「悪霊編」「スパイ編」など、ストーリーごとに登場人物たちの設定が入れ替わるのが特徴である。

ADVとなったリメイク!

初代は全画面に文章&登場人物たちのシルエットのみが表示されるサウンドノベルだったが、今作ではメッセージウィンドウにキャラの立ち絵という、ギャルゲーなどに代表されるアドベンチャー形式のサウンドノベルとなった。フローチャートなどエンディング回収に必須な機能は大体揃っているが、その他に特に目立ったシステムはない。

BGMは初代と大体同じもの(?)が使われており、背景のシュプールの画像も初代の雰囲気と変わらないが、全体的に写真を元に描いたようなイラストにリファインされており、新規で追加されたものも多い。

萌え絵(?)なキャラデザ

とにかく初代との最大の違いは登場人物たちにボイスとイラストの立ち絵がついたこと!全体的に女の子は大変可愛らしく描かれているが、プレイした感想としては、ペンションのオーナーである小林夫妻や、コテコテの関西弁社長・香山など、30代以上の男性のキャラデザは、少々可愛らしすぎるかもしれない。

あとさすが18↑ゲームだからか、ゲーム中常に真理の谷間が主張してくるので、そういう意味でゲームに集中できないというのもある。

f:id:basiliskos:20170216111144j:plain

おっぱいを推しに推していくスタイル。
文章よりもそっちに目がいって困る。

登場人物

透(CV:逢坂良太)

f:id:basiliskos:20170216110809j:plain

主人公。
平凡な大学生で、いわゆるフツメン。
選択肢によって真理のために命をかける漢前にも、ただのド変態にすることもできる。イラストがついたからか、大分可愛めな印象となった。苗字は判明していない。

スタイル抜群のガールフレンドとお泊り旅行するとかただのリア充に思えるが、実は真理と出会ったのは今年の4月。付き合いだしたのは秋ごろとまた1年も経っていない。そのため、真理との仲は友達以上恋人未満といったところ。

小林真理(CV:明坂聡美)

かまいたちの夜 輪廻彩声 真理

巨乳ヒロイン。
運動神経が良くしっかり者な大学生で、大変にグラマラスなスタイル&誰もが振り返る美人という、パーフェクトすぎるヒロイン。今作ではその豊満な胸を周囲に見せつけるかのように、序盤の『ミステリー編』では常に谷間が見える服を着用。そのほか基本シナリオの『悪霊編』では乳袋がくっきりした服となっていたり、後半はオールヌードだったりと完全にお色気担当である。

初代で大体の人が見たであろうストックEDは今作でも健在だが、迫力は劣るのでトラウマになることはない。

その他のキャラ

かまいたちの夜 輪廻彩声 OL3人組

ただの美少女トリオと化したOL3人組。
個人的に「ぽっちゃり」と書かれている啓子ちゃん(CV:本多真梨子)がこのキャラデザなのは納得いかねぇ。原作はもっと明らかに太かったろうよ!そこがイイんだろうよぉ!!

f:id:basiliskos:20170216124747j:plain

おっさんズ。
左が真理の叔父でシュプールのオーナー小林二郎(CV:松田健一郎)。右が小林が昔世話になっており、某ルートでは透も非常にお世話になる関西弁社長・香山(CV:上田燿司)。ちなみに中の人はデカパン。

f:id:basiliskos:20170216125143j:plain

CV:淺川悠さんのせいで美熟女感が凄い香山の妻・春子。

f:id:basiliskos:20170216130115j:plain

シュプールバイト組。
みどりさん(CV:仙台エリ)超可愛くない!?

かまいたちの夜 輪廻彩声 田中一郎

絶対にスキー客ではない謎の黒スーツの男。
田中一郎と名乗っているが明らかにウソ臭い。
またの名を時報ともいう。

ミステリー編(通常シナリオ)

f:id:basiliskos:20170216131123j:plain
こんや12じ だれかがしぬ

一番最初に必ずプレイすることになるメインシナリオ。ペンションに透と真理、オーナーの小林夫婦、バイトの俊夫とみどり、OL3人組、香山夫妻、そして途中でやってきた美樹本という男に、誰とも会話しない謎の黒スーツ・田中一郎の計13人が揃う。

だがOL3人組の部屋に残された謎のメモの言葉通り、田中一郎がバラバラ死体となって発見される。電話も通じず吹雪で逃げることも出来ない中、どこかに潜む殺人鬼を探し回る透たち。だが外を見回り中に美樹本が犯人に襲撃され、さらに田中の部屋で何かを確かめていたという、みどりまでもが撲殺されてしまう・・・!

徐々に疑心暗鬼に陥る面々。
神出鬼没の殺人鬼が吹雪の中にいるのか、それとも冷酷な犯人がこのメンバーの中にいるのだろうか・・・?

犯人を推理せよ!

かまいたちの夜といえばコレ!
初見でやるとまず面食らう「犯人の名前を直接入力するシステム」は、当てずっぽうなんてさせないというスタッフの意気込みを感じた。中盤の推理シーンで主人公が犯人を特定できないとその後も連続殺人が行われ、死人ばかりが増えていくことになる。有名な真理のストックエンドが見られるのもこのシナリオ。

最終的には死人が出る前に犯人を突き止めれば無事トゥルーエンドとなり、当初は無かった選択肢(他ルートへの分岐)が現れる。

また、死人が出る前の犯人推理場面で「猫のジェニー」を選択すると透に代わり真理が全てを解決するエンドとなり、その後「真理の探偵物語編」という短編シナリオをプレイすることができる。

オカルト編(悪霊編)

初代では『悪霊編』と銘打たれていたシナリオ。
部屋で真理からマッサージをされている最中に、色気づくとこのシナリオのフラグが立ち、分岐が現れる。

窓から誰かが覗いている。
ここは2階なのに・・・。
透や真理、OL3人組や春子までもが窓から謎の人影を目撃する中、オーナーである小林がようやく重い口を開き「このペンションには冬にだけ幽霊が出る」と明かす。だが幽霊ウワサを聞きつけペンションにやってきたフリーライターの美樹本は、20年前、ここで起きたとある惨劇について語る。それは、真理の出生に深く関わる、衝撃の事件だった・・・!

真理がバスタオル1枚だったり後半基本全裸だったりするシナリオ。リメイク版でどう描かれるのかとwktkしていたのに、上手いこと逃げられた感。

スパイ編

上記のオカルト編の分岐となる選択肢を選んでいなければ、もれなくこのカオスなシナリオに。ミステリー編では「こんや12じ~」だったメモが、「こんやかまいたちがあらわれる」という謎の言葉に変わり、さらに、真理や周囲の様子もおかしくなっていく・・・。
メモにあった「かまいたち」の正体とは?
真理は一体何を隠しているのか?

通常シナリオの中で、一番ボイスとイラストがついていて良かったと思えるストーリー。タイトルからまぁ内容はお察しなのだが・・・

f:id:basiliskos:20170216134820j:plain

3人娘の可奈ちゃんが超絶かわいい。
声優陣の(それまで演じてきた)各キャラクターたちの芝居のギャップがはっきり解るのが面白い。

新規シナリオは?

A Novel

真理の先祖で悪行を重ねていた男が、女の恨みから生まれた「かまいたち」によって殺されたという話をした翌日・・・。シュプールで常に怪しかった黒スーツの客・田中一郎が、全身を切り裂かれた状態で発見されるというストーリー。

扱い的にはエクストラのようなボーナスシナリオ扱いで、選択式ではなく、単純に読み進めるだけのシナリオとなっている。「殺人事件の犯人探し」はミステリー編と同様だが、こちらは『出題編』と称された前半に明確に伏線が存在している。

(※モバイルアプリや公式ファンブック内で掲載されていた「A Novel」が存在するが、そちらは未読のため、今作に収録されたものとストーリーが同一なのかは未確認です)

辺獄の真理編(竜騎士07シナリオ)

リメイク版に追加された竜騎士さんのシナリオ。
『ルールX』というひぐらしでお馴染み単語がちょろっとだけ登場したり、ひらがなの擬音を多用したグロ描写から竜騎士臭が漂ってくる。

基本シナリオの『ミステリー編』や『悪霊編(リメイクではオカルト編)』をクリア後に出現?するシュプール到着後の選択肢で、「ずっと寝てる」的な選択肢を選ぶと分岐する。

目覚めると、一切の記憶を失っていた透。
目の前の優しい女性が誰なのかもわからないが、彼女に連れられるまま朝の食堂に向かう。そこで彼女から、ドリンクバーを持ってきて欲しいと頼まれるのだが・・・。

記憶喪失となった『透』が主人公の、竜騎士さんらしいオカルトちっくなシナリオ。選択肢はあるが、あまり悩む必要はなくほぼ一本道である。個人的な感想として、あまり出番がない香山の妻・春子がわりと活躍するシナリオになってる気がする。

演出について

キャスティングには文句なし。
個人的には俊夫が伊藤健太郎さんで大歓喜。

ただボイス面で気になったのは、
小林の妻の声が時折実年齢よりかなり若目に聞こえることと、「物凄い絶叫」と文章で書いてあるのに対し「キャー(棒)」という悲鳴なのが個人的には少々萎えたかも。(金切り声などが耳障りにならないようにとの配慮なのかもしれないが、殺されそうになってるのだからもうちょっと臨場感だしてもいいんじゃないだろうか)

あと少し気になったのは、
全体的にキャラデザが可愛いくて綺麗すぎるという点。

ミステリー編の後半、続々と死人が出た状況で、友人たちが殺され追い詰められた可奈子が襲ってくる時のスチルなどが、普通に可愛い顔で描かれていたのは恐怖演出的には物足りない。

あと原作ではトラウマになりそうな勢いで怖かった真理のストックENDが、リメイク版では単にスチル(1枚絵)が切り替わるだけだったのはかなり残念だった。そして原作の血塗れの手が出てるシーンが削られていたのには泣いた。

これらの演出が、ティーンズ向けにするためのやむを得ない演出であれば勿論理解できるのだが、本作は18禁であり、グロや恐怖演出を抑える必要は全くないはず。正直現時点では、なぜこの作品に年齢制限がかかっているのかわからないほど描写はぬるい。今後プレイしていけばこの謎はわかるのだろうか・・・?

個人的な不満点:悪目立ち感があるサービスカット

序盤の『ミステリー編』では、どの角度でも真理の谷間がくっきりと強調されており、ムダにサービスカットが多かったりと、やや狙いすぎな感が目立つ。一番王道なミステリーシナリオなのに萎えることもしばしば。

『悪霊編』では基本真理がすっぽんぽんだし、大体かまいたちの夜は「ピンクのしおり」以降でちょっとエッチな~みたいなシナリオを入れてくるのがお約束なのに、のっけからガンガンお色気要素を入れていくスタイルだと過剰供給になりそう。

まぁこれは単純に昔からのなじみで、
かまいたちではエロネタは最後のお楽しみ的な感じでとっておいて欲しかった、ってだけかもしれないが。

最後に

基本は初代のシナリオと大きくは変わってない(はず)。雪の迷路編の真理の迷セリフ「あぁラーメンが食べたいわ・・・」がまた聴けたのは個人的に嬉しかったですし、スーファミ・プレステとプレイしているものの大分記憶も薄れているので、案外最初からトゥルーエンドはとれず、「こんな分岐だったな」とか、「香山のこのBGMくっそ懐かしいなオイ!」とか、昔を懐かしみながらも新鮮な気持ちでプレイできたのは良かったです!

ただリメイク版・・・
本っっ当~~~に個人的すぎる不満として、OPの歌が凄い微妙ってのがあります。いえ、自分も志倉千代丸さん作詞作曲の歌は基本大好物なんですが・・・。ただ、本来ならこういう不穏でどこか焦燥感を煽るようなメロディーの曲は、いとうかなこさんとか、歌唱力がある方が歌ってこそいい感じに迫力があって格好いいわけで・・・。可愛い女の子の声で合唱ちっくに歌われてもそんなに怖くは・・・ない・・・(歌ってるアイドルが好きな方には本当に申し訳ない!)

新規シナリオは「辺獄の真理編」、通常シナリオはミステリー編、悪霊編、スパイ編、雪の迷路編、真理の探偵物語編、そして鎌井たちの夜編しかまだプレイしていないので、今後プレイしたシナリオの感想などはその都度追記していきたいと思います。もう少々お付き合い頂ければ幸いです。別記事にクリア後の感想と一緒にまとめました!

↓ピンクのしおり入手後のシナリオ&クリア後の感想!

↓ホラゲー関連記事!