読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

勇者ヨシヒコと導かれし七人 12話 最終回感想(ネタバレあり)~魔王のCVは堤真一さん!最後の戦い、ラストはまさかのあのオチ!?

ドラマ ドラマ-ヨシヒコ

f:id:basiliskos:20161223011900j:plain

勇者ヨシヒコと導かれし七人 最終回感想!
一応ネタバレあり!ご注意!

結論:予算全部つぎこんだ感すげぇ。

目次

最終話:ラストバトル!

まさかの「にげる」コマンド

最後のボス・魔王ゲルゾーマ(CV:堤真一)と対峙する勇者一行。
これまでの旅で出会った玉人たちを召還し、魔王を倒そうとするが・・・なぜか誰も来ない。一体どうしてなのか!?

「・・・なに待ちこれ?」とふてくされる魔王にはとりあえず魔物を生み出していただいて、その間に「おっす!おら仏!」と軽いノリでお告げにやってきた仏に問いただすヨシヒコたち。
なんと仏いわく、玉人が召還できない原因はスケジュール調整とのこと。

忙しい人ばっかりキャスティングしちゃったせいで、7人全員を揃えることができなくなったのだという。低予算なのに豪華な人ばっかり使うからこんなことにィ!!

これからドラマの撮影を控えている仏が送ったアドバイスはたった一言。
「逃げろ。」

なんとラスボス手前で痛恨の「にげる」!
あっさりと見逃してくれる魔王だが、別れ際に、ヨシヒコの持っているトドメの剣を消滅させてしまう。

ぶっちゃけ本音トーク

トドメの剣を失い、完全に心が折れてしまったヨシヒコ。なんと最終回にして、「もう魔王なんて倒さなくていい!!」発言。

ダンジョー
「臆したかヨシヒコ!!」

ヨシヒコ
「臆しましたぁ!!(正直)」

私は世界の平和よりも自分の命が大事だぁ!!と、ヒーローが絶対言っちゃいけないセリフを次々吐く。本編前のCM「逃げるは恥だが勇者も逃げる」はこの伏線だったのか・・・。

だがそんなヘタレ野郎と化したヨシヒコ前に、いつもとは違いブラックな雰囲気となった、黒い仏が現れる・・・。

終わりの祠

どこでもドアみたいな3つのドアの前に連れて行かれるヨシヒコ。これは終わりの祠で、このいずれかの扉を開けば、魔王を倒さなくても冒険を終わらせることが出来るという。

好きな終わり方を選ぶがいい。と言われた勇者が、最初に選んだのは・・・

赤:フランダースの犬の天国END

涙腺崩壊&トラウマとなった、伝説のアニメのパロディエンド。
でもパトラッシュ役がなんてメレブ。

相変わらず襟を直してくれるメレヴをヨシヒコが優しく撫でると、空から天使たちがわらわらと・・・(キャラの配置から背景まで完璧なパロ具合)

勇者ヨシヒコ12話

そこはかとなくメレヴヘアーな天使たちに連れられ、今まで倒してきた魔物たちがたくさんいる天国へ旅立つヨシヒコ。

もう魔物を倒すこともなく。
女に惑わされることも、
ドSになることもなく、
これからはみんな、幸せに暮らせるでしょう・・・

・・・って死んでるぞおい!!

魔王を倒さずに死なずに、なんとなく収まった感じで冒険を終わらせたい!というヨシヒコが次に選んだ祠は・・・?

青:エヴァパロ「おめでとう」END

ムラサキ
「おまえバカなのぉ!?」

うわぁアスカだぁ・・・。

BGMに残酷な天使のテーゼが流れる中、謎空間で玉人含む全員におめでとう、おめでとうと言われ、さらにエヴァ風に挟まれる謎文章まで完璧に再現。

そして全ての視聴者(オーディエンス)に

おやすみなさい。

ヨシヒコ
「意味がわからーん!!」

黒い仏
「全てがうやむやで、意味がわからない素晴らしい終わり方じゃないか」

エヴァ最終回をさりげなくdisるのはやめてさしあげろ。

舞台が現代へ・・・?

CMが明けて。
そこにいたのはヨシヒコ・・・ではなく、現代日本のゲーヲタ姿となった、山田孝之!!彼はとあるRPGで遊んでいたが、ラスボスが倒せなくてゲームをプレイするのをあっさりやめてしまった。

そこへ「アマゾンからのお届け者で~す!」と普通に仏が乗り込んでくる。

山田(仮)
「新手の宗教ですか?」

「仏教だよ!!」

ちゃんとラスボスを倒して、スタッフロールで堀井雄二さんの名前を見なさい!?という仏のお説教にも、ず~~っとヘラヘラしてる山田(仮)。

しかし久々の必殺技・仏ビームをくらわせると、その姿はいつものドラクエ風のヨシヒコに戻る。なんと勇者ヨシヒコは冒険を終わらせたいがために、これまでの魔王との闘いを「ゲーム」と空想し、逃避してしまったのだ。

仏から、ネバーエンディングストーリーのファルコンみたいな乗り物を授けられたヨシヒコは、魔王を倒す答えがあるという最後の祠に向かう!

最後の祠にて・・・

仲間と共に最後の祠をあけると、そこにはどこかで見た風景が。

それはカボイの村。
ヨシヒコが最初に、いざないの剣を手にしたあの祠の前だ。ヨシヒコたちは時空を超えて、過去の世界のカボイの村にやってきたのだ!

祠の中からは村人の、

「この剣抜いたヤツに薬草探しにいってもらおうぜ」
「でもこの剣、めっちゃ簡単に抜けんじゃんww」
「じゃあさ、あいつバカだかみんなで抜けないフリして、あいつが抜く番になったら誰かが糸でこう・・・」
「あいつバカだから、すぐその気になって旅にでるぜww」

という声が。
ヨシヒコが最初に旅にでるきっかけとなったいざないの剣。だがこれは、最初から村人たちが嫌がらせに仕組んでいたことだった。

しかし祠の中には、今ヨシヒコが持ついざないの剣・・・とはまったく違う形の、もっと豪華なタイプの剣があった。実はこれが、魔王を倒せる本物のとどめの剣!!

勇者を騙すために偽者の剣を用意していた魔王は、ヨシヒコをビビらせるためにわざわざ滅してみせたのだった。

とどめの剣を引き抜き、持っていた「いざないの剣」を代わりにさすヨシヒコ。
冒険の終わりが、ヨシヒコの冒険のはじまりと繋がっていた。まるで円環の如く因果を作り出していたのだ・・・。

最終決戦はフルCG!

トドメの剣を手に入れたヨシヒコは、魔王と再戦!
スケジュール調整ができなかった玉人たちは、ドット絵ゲーム画面&合成でごまかした!

全員の総力をあげて魔王に挑むも、魔王はトドメの一撃を耐え切り、予算を使いきる勢いで巨大化!!手作り感溢れるハリボテから、ものすごく強そうでムダにクオリティ高い感じのCG姿となった!

魔王はその圧倒的な力を持って玉人の力も跳ね返し、ダンジョー、ムラサキ、メレヴの命を次々に奪ってしまう。
魔王に倒された仲間たちの命は、二度と戻らない・・・。激昂するヨシヒコだが、自身も魔王の一撃をくらってしまう。

しかし、何故か死なないヨシヒコ。
そこには、過去からやってきた大勢のヨシヒコの姿があった。

ヨシヒコ軍団となった一同は、全員で魔王に総攻撃をしかける。そしてついに、魔王を倒した!!

旅は終わった。
世界に平和が訪れた。

しかし、仲間たちはもう戻ってこない・・・。

打ちひしがれるヨシヒコに仏は、「全ての記憶を消して、元の時代におまえを返す」という。・・・それは仏が最後にみせた慈悲だったのかもしれない。

エンディング

目が覚めると、どこかで見た事がある道で立ち尽くしていたヨシヒコ。服はあのドラクエ衣装のまま。記憶もある。

そして目の前には、第一話で出会った時のように、盗賊を切り伏せるダンジョーの姿が!!

ダンジョーの手をとり、ムラサキ、メレヴを再び仲間にしたヨシヒコ!!これから第一シーズンの魔王・ガリアスを倒す永い旅が再びはじまる・・・。

しかし。
この時空の歪みが魔界にも歪みをもたらし、とてつもなく恐ろしい敵が生まれていたことを、この時のヨシヒコたちは知る由もなかった。

ヨシヒコ
「・・・といっておけばまた特番で復活できるかもしれないので、とりあえず言ってみた、私だ」

最後に!

まさかのタイムリープ&ループオチ!!
3期から1期の「魔王の城」にループになるとは・・・!第一話のヨシヒコの映像も流れたりと、ファンには嬉しい仕掛けがいっぱいでしたね。それにしても1話のヨシヒコ(山田さん)、めっちゃ可愛かった・・・。

毎週腹筋崩壊させられたヨシヒコ3期。
1話のワキガンテに始まり2話の寄生獣パロ&プラズマクラスタァァッ!!、そしてモザイクだらけのゲームパロ回・・・どれも本当に楽しかった!7話のミュージカル回は文句なしに神回でした!サントラ期待してます。

ラストも勿論楽しかったですが、ギャグにみせかけてこれ、よく考えてみれば結構な欝展開&シリアスな終わり方じゃないです・・・?
「ヨシヒコが最後には死んでしまう仲間と一緒にいたいがために、延々と魔王を討伐し続ける、永遠に終わらない旅をする物語」とか切なすぎない?ほむほむ臭を感じ取ったのは絶対自分だけじゃない。
あとラストで旅に出た直後にヨシヒコが戻ったのは仏の手違いではなくわざとで、最終回にして仏がはじめて一番仏らしい活躍をした、と思うと色々と滾りませんか。

これがアニメならIFエンド二次創作が大量に出回る勢い。ヨシヒコにはぜひ全員の生存を目指して、トゥルーエンドまで周回して欲しいです。・・・もしかしたらこの辺りも含めて、リセットできる「ゲーム」のドラマ化という、福田監督の壮大な伏線だったりして・・・?

まぁそんな妄想はさておき。
勇者ヨシヒコ、人生で最高に面白い低予算ドラマでした!!どうか時代劇特番として復活しますように~!!

↓前回のヨシヒコ感想はこちら!

↓仏&メレヴ&ヨシヒコが出演!