読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

【アニメ】ReLIFE 10話感想~ロリ千鶴の破壊力が凄まじいっ!!※ネタバレあり

f:id:basiliskos:20160902223314j:plain

リライフ10話感想!
ネタバレありなのでご注意ください!

※原作は未読の状態で視聴してます。

結論:リライフの女の子は唇がエロい思うんだ・・・。

ほのかの過去

昔からズバ抜けた運動神経の持ち主だったほのか。
バレーだけではなく、陸上や水泳などスポーツ全体が得意だったことから選考会で選手に選ばれることもしばしばだったが、部員を差し置き記録を出していたことで周囲から常に妬まれ続け、肝心のバレー部でも、点をとればとるほど孤立してしまう。

高校では部活を辞めようかと思っていたものの、結局はバレーが好きでやめられず、初日に自分のことを知っていた玲奈に手を抜いていたことを咎められ、そこからライバル・・・親友になったのだという。

ReLIFE 玲奈 中学

だがほのかを呼びだす玲奈がどうみてもスケバン。

ただ中学の頃の問題は、ほのかと周囲との実力差が極端に開きすぎていたことが原因で起きたわけで、わざわざスカウトにくるほどの強豪校の部活なら、むしろ周囲とそこまで差が開くこともなく、普通に部活が出来たんじゃ?とか思わなくもない。

千鶴の過去

転校が多い家庭で育った千鶴。
小学生の頃は今とは違い明るい子供だったが、友達が出来てもすぐ転校・・・という状況を繰り返していくうち、段々と人と関わること自体を諦めてしまう。

ReLIFE 千鶴 ロリ

こんな元気で可愛い少女が、人と関わることを避け続けたその結果が・・・

f:id:basiliskos:20160902225318j:plain
「このザマです」

Oh・・・。

避け続けていたら、本当にどう人と接していいかわからなくなってしまった。そんな自分のようにはならないで欲しい。今しかないかけがえのない時間を、友達を大切にして欲しい。将来後悔しないために──と、ほのかに告げる千鶴。

f:id:basiliskos:20160902224340j:plain

初めて出来た友人に、自分の気持ちを伝える千鶴。その背中には、暖かい新太の手が添えられていた・・・。

夜明の怖すぎるフォロー

しかし、本調子ではない玲奈のプライドの高さを考えずに「一緒に引退試合やりたい」とドストレートに伝えてしまった結果、再び拒絶されてしまうも、「あれは本心からの言葉じゃない」と、玲奈が戻ってくるのを信じて待つことにした面々。

そして試合当日。
試合が始まってもまだ姿を見せない玲奈をふんじばってでも連れて来ようとする千鶴。だが、誰も玲奈の住所を知らない・・・。
しかしその直後!

f:id:basiliskos:20160902222113j:plain

即効で住所を送ってくる夜明。
ナイスフォローなんだが怖すぎる。

千鶴、覚醒!

自宅まで迎えにいった2人。
ジャージにユニフォームまで着ているというのに家を出ようとせず、さらには「恩着せがましい!」と憎まれ口を叩いてしまう玲奈に・・・

f:id:basiliskos:20160902222430j:plain
必殺のデコピン、炸裂!!

f:id:basiliskos:20160902222549j:plain
いい加減にせんかい、ワレェ
※ウソです

正しくは、
「いい加減にしなさい、この頑固者」

滅多に感情を出さない千鶴が怒りモードに!
千鶴の説得により、素直じゃない玲奈の本音を引き出すことに成功した。

最後の試合

ほのかが本調子じゃないためか、試合は相手にリードを許している状況に。この状況の中、試合に入るのをためらう玲奈の背中を押す2人。自分の髪ゴムを玲奈に貸した千鶴は、ほのかと玲奈、彼女たちの3年間最後の部活を見届けた・・・。

・・・残念ながら試合は負けてしまったものの、泣きながら「最後の部活は楽しかった」と語るほのかと玲奈。「大学でも一緒にバレーをやろう」と誓いあい、最後には千鶴と3人で抱き合う。

f:id:basiliskos:20160902223848j:plain
うぇへへへへへ・・・

笑い方が「両手に生JK・・・ぐへへ」なオッサンになってんぞ千鶴!!

千鶴が被験者001・・・?

冒頭の自分の過去をまじえてほのかの相談に乗るシーンや、玲奈を説得するシーンの千鶴は、かつて玲奈に説教かました新太の姿にそっくり。なにより気になるのは、同い年のほのかに告げた「将来後悔しないために・・・」という一言!
この言葉は大人じゃないと出てこない気がする。

それに当初から夜明がやけに気にしていたことや、試合が終わってわざわざ新太に感謝の電話をかけてきたこともひっかかる。

被験者001はイジメにあっていた千鶴のクラスメイトかと思っていたが、もしかして被験者001は千鶴だったのか・・・?

今週のED:I WiSH『明日への扉』

イントロで泣けてくる、まさにハッピーエンド!な曲。
いい最終回だった・・・(違う)。
「あいのり」の主題歌とか懐かしさがとどまるところを知らないぜ・・・。

明日への扉

明日への扉

  • I WiSH
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

最後に!

強すぎて浮いてたとか、どっかのガングロ野郎を思い出すエピソードでした。

ただなんとなくですが、いつも嫉妬される側で、誰かに嫉妬することがあまりなかったほのかは、それゆえにちょっと考えが甘いところがあるのかな~とも思いました。「自分は仲間と楽しくプレーしたいだけだから、部活に力を入れていない進学校に入って、うまく(本気を出さずに)部活やろう」とか思ってたらそりゃ怒られるよ!

そして玲奈は楽しむことよりも「努力して勝つこと」に重きを置いていて、ただでさえほのかに実力が劣っているという自覚があるのに、万全とはほど遠い中で「試合に出よう」と言われるのは、やっぱ相当キツかったんじゃないかなーと。

色々すれ違ってしまった2人ですが、千鶴のかつてない頑張りのお陰で友情も無事復活!・・・でも、もしこれで千鶴が本当に被験者001だったら、千鶴の記憶が2人から消えてしまうことになるのでしょうか・・・?やっとこさ好感度が最大値になったのに、リセットとかまじつらぁ・・・。

↓次回の感想はこちら!