読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

テイルズオブベルセリア ネタバレ感想④~エドナの兄・アイゼン登場!死神と呼ばれる海賊と要塞へ!

f:id:basiliskos:20160824014612j:plain

前回、超絶可愛いショタをゲットしたベルベット。ちゃっかりパーティーに戻ったマギルゥと一緒に、一路大海原へ!・・・と思いきや・・・?

※ストーリー部分のネタバレあり。
※TOZはプレイ済み。

【今回のあらすじ】
オレの方向音痴が火を吹くぜ!

アイフリード海賊団が襲撃!

王都ローグレスに向け航海中のベルベットたちを襲った砲撃。それはアイフリード海賊団のものだった!聖隷ながら海賊団の副長をしている男・アイゼンは、王都に行きたければ力を貸せというが・・・?

アイゼン(CV:森川智之)

ベルセリア アイゼン

シアリーズと同様、意思を持った聖隷。
周囲に不幸をもたらす死神の呪いがかかっているらしく、剣を持って戦えば刀身がすっぱ抜けるほど、恐ろしく運が悪いらしい。なので戦闘スタイルは肉弾戦。裏面が魔王(ダオス)、表面が女神のコインをいつも持ち歩いており、毎回絶対に裏しかでないコイントスをするのが癖。(このコインを『器』にし業魔化を防いでいるが、このコインには死神の力を持った聖隷しか宿れないらしい)。実はカナヅチである(地の聖隷なので「水」に弱い)。

前作「テイルズ・オブ・ゼスティリア」に登場したエドナの兄だが、彼の結末を知っているプレイヤーは気が気でない。どうあがいても絶望エンド確定じゃねーか!

因みに中の人はシンフォニアのユアン&2代目ダオス。

ライフィセット(CV:浅倉杏美)

TOB ライフィセット

歴代最高に可愛いショタ。
テレサの二番目の精隷だから「2号」と呼ばれていた。羅針盤大好き。
誰かに『命令』されれば言う事を聞いてしまうが、命令がなければ何も出来ない。

対魔士によって意思を封じられているため、死んだような目をしている。コレはコレでいいが、みんなと過ごすうちに徐々に目に光が宿るように。その後、名前がなきゃ不便ということで、ベルベットからライフィセットという名をもらう。

かめにん

ベルセリア かめにん

毎度お馴染み闇の行商人。
業魔でも聖隷でもない不思議野郎(ヤロウ?)。
危険な場所で商売をしているというのに、ベルベットに値切られて涙目に。

ヴォーティガン要塞でのストーリー

海峡を進むには、王国が取り締まる要塞を抜けなければならない。そのため、仲間が海から砲撃。敵をひきつけている間に要塞に忍び込み、開門する・・・というアイゼンの策に乗ることにしたベルベット。戦う気のないマギルゥを船に残し、意思のない目をした聖隷二号をつれて要塞へ潜入する。しかし、その要塞の兵士たちはほぼ全員が業魔病を発症しており、敵だらけとなっていた。
混乱に乗じ要塞に侵入したベルベットたちは、なんとか海門を突破する。

ロクロウが探しているシグレ。
アイゼンが探しているアイフリード船長を連れ出したというメルキオル。
そしてベルベットの仇敵、アルトリウス・・・。

探し人は、王都・ローグレスに集いつつあった──

ロクロウの闇?

恩を感じれば返すまでとことん付き合ってくれたり、ベルベットにも気さくに絡んでくれるロクロウ。ショタや子供にも優しい彼ですが、ここにきて、ランゲツ流を使う人間には容赦が無いことが判明。業魔にもなってないのに、ランゲツ流で戦っていた対魔士をあっさりと殺したのには驚いた!(アイゼンですら殺していないのに)

兄弟の6番目だから「ロクロウ」という名前らしいが、彼もマギルゥと同様、親族関係に深い闇がありそうだ・・・。
ベルベットといい、ベルセリアは「家族の裏切り」が裏テーマなんだろうか?

テイルズ オブ ベルセリア - PS3

テイルズ オブ ベルセリア - PS3

 

最後に

まだ序盤のダンジョンだっつーのに、即効で道に迷うとは・・・カメラワークをイジってると、どっちから来たんだか解らなくなるんですよ!さらに岩のギミックに気付かずに、30分ぐらい延々とウロついていたという体たらく・・・。先が思いやられる。

それはともかく!
ショタが正式にパーティーに加わったことで、ツンツンしてたベルベットにデレ成分が増えてきました!もっとイチャついていいんだよ?
でもこの聖隷、死んだ弟のライフィセットが転生した姿に思えて仕方ないんですが・・・。

ゼスティリアでは人間からは見えない存在だった天族(聖隷)が、ベルセリアでは、アーサーが儀式を行った「降臨の日」から、普通の人間にも当たり前の様に見えるようになった、というのが気になりますね。

とりあえず次回は王都から!早くマギルゥ仲間にしたいよう!

↓次回の感想はこちら!

↓レビュー1日目はこちら!