読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

怪談新耳袋 御祓いは効かない編 (原作解説あり)~黒い男たちが暗躍する第3シリーズ!※ネタバレあり

怪談新耳袋 御祓いは効かない編 [レンタル落ち]
"何を見たの?ねぇ教えて!"

今回ご紹介するのは第3シーズン『御祓いは効かない編』ドラマ版と原作「新耳袋」とのストーリーの変更点など双方のネタバレがございます!原作未読の方はご注意ください!

目次

第70話:もののけの息

主演:喜多嶋舞
監督:三宅隆太

■ストーリー
新宿都内の駐車場で、女性がバラバラにされる猟奇殺人事件が相次いでいた。そんな中、ホテルの駐車場を歩いていたアケミは、動物の鳴き声を聞き・・・

■解説
怖い系 

肝心の「もののけ」の姿はほぼ出てこないが、終盤でてきたモッフモフの足がいかにも作り物臭いので全く怖くない。

■原作解説
第三夜 八十一話「もののけの息」
原作では自分の部屋で寝ている時、枕元に巨大な黒い獣らしきものが現れるというお話。結局これが何だったのかは、全くわからないままである。

第44話:御祓いは効かない

主演:橘実里
監督:佐々木浩久

■ストーリー
憧れの映画の撮影所で働く主人公。
しかしとある兜の小道具を整理していると、鎧武者の格好をした幽霊が現れ・・・。

■解説
怖い系 
昔、その撮影所で事故があって死んだ俳優がおり、死んだ時に使っていた小道具の兜に俳優の怨念が宿っている、という話。「その俳優が死んだのは、給料の未払いが原因でスタッフが自分を含め大勢辞めたから」・・・という話をした上司が階段から落ちて死ぬというラストだが、少々わかりづらく、オチとしては弱いかもしれない。

■原作解説
第四夜 五十八話「御祓いは効かない」
原作ではアメリカ軍の軍服などが入ってくる古着屋。登場するのも兵隊の幽霊であり、そこで誰かが死んだりすることはない。御祓いも、「効かない」というよりは、次から次に新しい品物がやってきてしまうため「きりがない」と言った方が正しい。

第74話:毛浪(けなみ)

主演:辻美里
監督:荒川栄二

■ストーリー
自分の部屋の押入れから、謎の毛の束が出ているのを目撃する主人公の話。

■解説
怖い系 
冒頭から主人公が家に帰りたくなさそうだったり、主人公の家がいかにも出そうな古い家だったり、帰ってきた時は誰もいなかったのに、母親は「ずっと台所にいた」と言ったり・・・と短いながらも伏線が多い。しかしラストが「毛の束に絡み捕られ、案の定押入れに引きずり込まれる主人公」というのはいかにも過ぎて怖くはない。

■原作解説
第七夜 十八話「毛浪」
ラスト以外は一緒。

第51話:残業1&55話:残業2

主演:堀江慶
監督:平野俊一

■ストーリー
下高井戸(演:堀江慶)が勤めている会社では、締め日に残業した人間が次々に失踪しており、それは焼身自殺をした年増OLの幽霊のせいだというウワサが流れていた。が、そんな締め日に上司(演:佐藤二郎)から残業を頼まれてしまった下高井戸。彼女の誕生日も蹴って一人残業をしていると、深夜近く、同じ部署のOL(演:いとうまい子)が現れ・・・。

■解説
怖い系 
トレンディドラマみたいな雰囲気ではじまるエピソード。新人の若い男性社員が、年上のOLに色んな意味で翻弄されるお話。そ途中何度か心霊現象みたいなことが起こるが、ラストは同僚のOLにエレベーター越しにネクタイを締められて殺されるという「締め日」とかけたダジャレで終わる。ただこれは「異常者に殺される」というお話なのか、何か幽霊的な要素があるのか、ちょっとわからない。

■原作解説
第六夜 四十三話「残業」
タイトルは一緒だが内容は全くの別物。

第66話:黒い男たち

主演:石坂良磨
監督:豊島圭介

■ストーリー
トシヒコの友達で、UFOマニアの小学生・ミノル。ある日彼は「本物のUFOの写真を撮った!」と自慢し、トシヒコにフィルムケースを見せてくる。だがミノルの家へ遊びにいくと、ミノルの母親から「さっきもの凄く大きい黒づくめの男がやってきた」と言われ、さらに何者かにミノルの部屋が荒らされているなど不審な出来事が続く。その後ミノルは「雑誌の編集者から電話がかかってきた」と意気揚々と家を出て、そのまま行方不明になってしまうが・・・

■解説
怖い系 ★★
映画にもなった有名な新耳部袋のエピソード。UFOを撮った写真を持っていると、それを回収しにグラサン+スーツ姿の黒づくめの男二人組が現れるという冗談みたいな話。ヘタしたらギャグだが、最後のミノルと母ちゃんの「シャーッ!!」ってのが結構怖い。

■原作解説
第四夜 八十七話「黒い男たち」
原作ではUFOの写真を撮った男の子はそのまま戻ってこなかった。さらに他の人間にも「UFOの写真を撮ったら黒づくめの男が現れた」というエピソードが・・・。都市伝説かと思われていた「メン・イン・ブラック」。彼らはこの日本にも存在しているのだろうか・・・?

第42話:幽霊屋敷と呼ばれる家

主演:堀北真希
監督:佐々木浩久

■ストーリー
幽霊屋敷に遊びに来た女子高生3人組。だが、その内の一人の姿が消え・・・

■解説
怖い系 
掘北さんの女子高生姿が拝める作品。いなくなった子が最初から幽霊だった・・・というオチで、何故か主人公だけは、2週間前に自殺していたレイコを生きていると思い込んでいたという話。しかしレイコの見た目が掘北さんたちと比べるとちょっとどころじゃなく毛色が違うし、妙な見切れ方をするので、オチはすぐにわかる。

■原作解説
第一夜 三十話「幽霊屋敷と呼ばれる家その2」
「その1」もあるが、女子高生人組が主人公なのは「その2」。ドラマと同じく、コーヒーカップが人数分+家主分用意してあり、さらに切れているはずの電話がリーンと鳴ったのだという。

第49話:教えて

主演:佐藤康恵
監督:豊島圭介

■ストーリー
彼氏のノブキと女友達と3人で廃屋に肝試しにきたミカ。だが怖いのがニガテなミカは一人車の中で待っていた。すると血相を変えた二人が廃屋から飛び出してきて・・・。

■解説
怖い系 ★★
幽霊・・・ではなく、なんとミカをタコ殴りにしている自分たちの姿を見てしまった、というお話。何となくノブキと女友達が浮気をしているような描写もあるので、二人の未来が見えたのか、それとも願望が見えたのか?別の意味で怖い話ではある。

■原作解説
第八夜 十八話「B面」
原作では男女5人グループで廃墟の病院へ遊びにいくという話。一人だけ残っていたところに、肝試しグループが逃げ帰ってくる。車中、かけていたカセットがB面に切り替わった瞬間、自分たちが病院を探検していた時の音声がかかる・・・というエピソードとなっている。カセットのB面という意味がわからない人は大人の人に聞こう。

【最後に】
「シャ──!!」って言うだけなんだけど、やけにインパクトがある「黒い男たち」。映像で見ると二人組の謎のかっこいいポーズに爆笑してしまうんですが、不思議と不気味な話でもあります。ちなみにこの中で、「毛浪」のエピソードだけはアマゾンプライムでも配信されていません。huluでも第3シリーズが丸ごと入っていないので、毛浪が見たければDVDをレンタルするか購入するしかありません・・・一体なぜ・・・??

↓映画版はこちら!

↓第1シリーズはこちら!