読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

【真流行り神2】感想レビュー~●●女編をプレイ!前作からはどう変わった?※若干ネタバレあり

【PS3】真 流行り神2

本日発売された真流行り神2!
早速プレイしてみました!

※1時間プレイしてみての感想。若干ですが序盤のストーリーのネタバレありなのでご注意ください。
※前作のブラインドマン事件の死亡者についてネタバレありです。未プレイの方はご注意ください。

流行り神とは?

口さけ女、ベッド下の男、人面犬・・・誰もが聞いたことがある、「友達の友達」から派生していく話・・・都市伝説。これらの都市伝説をモチーフとした怪奇事件を調査する刑事・風海純也を主人公に、選択肢によって事件を「科学サイド」か「オカルトサイド」、どちらかの視点から調査し解決に導くテキストアドベンチャーゲームである。プレイステーション2で発売後、PSPに移植、全3作が発売されている。

流行り神 ポータブル 警視庁怪異事件ファイル The Best Price

流行り神 ポータブル 警視庁怪異事件ファイル The Best Price

 

その後、登場人物たちが一新され、システムの一部を変えた「真流行り神」がPS3で発売。本作「真流行り神2」は、その続編となる。

前作と比べて

前作「真流行り神」はクリア済。
しかし前作は

・オカルトではなくグロに傾いたシナリオ
・クズすぎて全く愛着が湧かなキャラクター

・・・が個人的にはキツかった!
特にオカルトサイド、科学サイドの分岐がなくなったことで、ストーリー自体が人間の暴力性に重きをおいた不快な話が多くなり、パラレルワールドのように分岐するシナリオの大半でゲスい登場人物たちにもどうしても親しみが持てず・・・小暮さんのような癒しキャラが好きだった自分にはちょっと厳しい作品でした。

が、今作では「ライアーズアート」など前作からのシステムも継続しつつ、「科学サイド」「オカルトサイド」と分岐する従来のシステムが復活!キャラクターも主人公の紗希以外は再び一新され、序盤から好感が持てるキャラが登場するなど、前作で上記のような不満があった人にも遊びやすいゲームとなっております。

登場人物たち

前作のキャラクターである特殊警ら課の刑事たち・・・風守 隼人、黒田 邦雄は「ブラインドマン事件」で死亡しているので登場しない。

北條 紗希

真流行り神2 北條 紗希

前作の『ブラインドマン事件』から2年後。G県で多発している都市伝説を彷彿とさせる殺傷事件解決のため異動となった前作の主人公。しかし彼女を異動させたのは、その姿を誰も見た事が無いことで有名な「本部長」。隠蔽されてしまっている事件の詳細を知っている謎の本部長は、事件を見事解決できたら、彼女を「とくそう」にするというが・・・?

ブラインドマン事件で仲間を多く失った事がトラウマとなっているため、新しい相棒である愛染にも心を開こうとはしていない。だが武器であるライアー・アートの腕は健在のようだ。

愛染刹那(あいぜん せな)

真流行り神2 愛染刹那

まるで源氏名のような名前だが本名。両親が「世界最速の男になるように」とつけてくれたらしい。見た目からしてヤンキーだがやはり想像通り昔は暴走族のヘッドだった。が、これまた想像通り、実際は情に厚く弱きに優しい漢である。「それがどんな荒唐無稽であろうと、被害者の言葉ならまずはそれをまっすぐに信じる」というスタンスで捜査をする。女である紗希とは最初に会った時から衝突が絶えないが・・・?

風貌に似合わず都市伝説にやたらと詳しい。しかしその理由には、言いたくない何かがあるようだ。

田中一郎

真流行り神2 田中一郎

G県捜査一課の課長。
名前も普通なら容姿も普通、どこにでもいるバーコードハゲのおっさん。上からの命令は絶対!なタイプ。普通過ぎてなんか逆に怪しい。「よろぴく」が口グゼ。

●●女編

最初のシナリオ。
G県で起きた4つの殺傷事件を調査する紗希と愛染。そのどれもが、ヒキコさん、ベッド下の女、カシマさん・・・など都市伝説になぞらえたものであり、さらに目撃された犯人の特徴が「トレンチコートを着た長身長髪の女」で一致しているという謎の事件。選択肢、カリッジポイント、データベース集め・・・など全てにおいてチュートリアルなシナリオだが、遊びに走るとわりとあっという間にバッドエンドとなるので注意が必要。

【PS4】真 流行り神2 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPS4用テーマ 配信

【PS4】真 流行り神2 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPS4用テーマ 配信

 

最後に!

1時間もしないうちにバッドエンド(※Dランク)になりました・・・!(笑)まだ序盤しかプレイしてませんが、愛染やその他の主要キャラクターは大分PS時代の「流行り神」を意識した作りになっていると感じました。シナリオの雰囲気も、グロはありつつもオカルト路線に戻しているように思えます。PSの雰囲気が好きだった自分にはこっちの方があってますね~、これから面白くなりそう!データベースを埋める作業が楽しみです!

↓続きのレビューはこちら!

↓その他のゲーム感想はこちら!