読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

浪漫倶楽部、クレセントノイズ・・・あまんちゅ!の天野こずえによるファンタジー漫画をご紹介!

  • 浪漫倶楽部 5 (BLADE COMICS)

ARIAに続き、今夏「あまんちゅっ!」が放送開始されますね!そこで今回は、天野こずえ先生の作品で、過去作を中心にご紹介いたします!

浪漫倶楽部

普通の人間には見えないモノが視える男の子・火鳥泉行(かとりせんこう)を主人公に、夢ヶ丘中学校で起こる不思議な事件を「浪漫倶楽部」が解決するという学園ファンタジーもの。絵はまだ未熟ながらも、この頃からARIAに通じる優しさに溢れたエピソードが描かれます。

なんといっても火鳥の仲間の精霊のコロンがめっちゃ可愛い!!最終回のコロンに泣いたのは自分だけじゃないはずだ。

ちなみにあまんちゅに登場する火鳥真斗先生は火鳥くんのお姉ちゃんだったり、ARIAに登場したウッディーのご先祖様(?)の綾小路宇土(うど)部長も登場していたりと、まさしく天野先生の原点と呼ぶにふさわしい作品です。

浪漫倶楽部   (BLADE COMICS)  [コミックセット]

浪漫倶楽部 (BLADE COMICS) [コミックセット]

 

マンガのキャラではないですが、あとがきに出てくるポエミー萩原さん(毎回ポエムなアオリ文を考える担当の方)がめっちゃ好きでした。

クレセントノイズ

感情の『音』が聴こえる主人公・羽村拓が、同じ力を持つ先輩・・・高野響と五十嵐凜と出会い、彼らと共に、人間の命を戯れに奪う"振夜の来訪者"と戦う、学園異能力バトルもの!

Gファンタジーで連載されていた作品。
地水火風、それぞれの加護を受けた音・琴咒(ノイズ)で戦う少年少女という設定に厨二病心くすぐられること待ったなし。

残念ながら物語は第一部完結ということで終了し、主人公の姉を含め謎を多く遺したまま終了してしまいました。ARIAやあまんちゅに浪漫倶楽部のキャラが登場したりすることはあるんですが、クレセントノイズのキャラはいまだ再登場せず・・・世界観が違うから仕方がないとはいえちょっと淋しい。

何かと不遇な作品ですが、ドラマCDでは主人公の拓を緒方恵美さんが、響を関智一さん、凜を宮村優子さん、弥生を堀江由衣さん、振夜の来訪者側ながら主人公たちの仲間となった如月蘭(ラグ)を緑川光さん・・・と、何げに超豪華キャストだったんですよ!!

絶版作品ですが・・・新装版に・・・なりませんかね今度こそ・・・!!

クレセントノイズ 1 (ガンガンファンタジーコミックス)

クレセントノイズ 1 (ガンガンファンタジーコミックス)

 

空の謳~天野こずえ短編集2~

短編集はこの他に初期の「夢空界」「向日葵」と合計3冊が刊行されていますが、その中でも 一番好きなのが2巻に収録されている「空の謳」です。

天上の歌声を持つセレナと、彼女をさらうよう命じられた仕事人カミーユ。しかしさらった彼女の夢は「素敵なおばあさんになること」だった・・・

学園ものが中心だった天野さんの作品に、SF要素が加わった作品。ラストの展開も印象的でした。

この他にも「ANGEL VOICE」という声優の女の子がヒロインなお話など全4作品が収録されていますが、どれもリアルタイムで読んでいたものばかりなので、やはりこの巻が一番思い入れが強いです。

空の謳 天野こずえ短編集 2  ブレイドコミックス マスターピースコレクション

空の謳 天野こずえ短編集 2  ブレイドコミックス マスターピースコレクション

 
天野こずえ短編集 コミック 1-3巻セット (ブレイドコミックス マスターピースコレクション)

天野こずえ短編集 コミック 1-3巻セット (ブレイドコミックス マスターピースコレクション)

 

ARIA

テラフォーミングにより水の惑星・アクアとなった火星で、地球(マンホーム)生まれの水無灯里が、観光業のゴンドラ漕ぎ・ウンディーネを目指す物語。

天野こずえさんの代表作になった作品ですが、実は当初「AQUA」だったことを知っている人はどのくらいいるのだろうか・・・。AQUAで買ってたら途中で「ARIA」になってびっくりした記憶があります。現在のAQUAは新装版でマックガーデンから発売されていますが、昔のステンシル版の表紙は今となってはちょっとレアですね。

さらに現在「ARIA完全版」として全7冊が発売されます。表紙の絵がどんどんリニューアルされていく・・・!

ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 3 (BLADE COMICS)

ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 3 (BLADE COMICS)

 
ARIA 全12巻 完結セット (BLADE COMICS)

ARIA 全12巻 完結セット (BLADE COMICS)

 

余談ですがアニメになる前の、キャストが違うドラマCDも大好きだったりします。なぜなら暁が草尾毅さん、アルの声が田中真弓さん、藍華の声が林原めぐみさんで、灯里の声が水橋かおりさんだから!アニメはアニメで好きなんですが、このキャストが揃うなんてこと、もうそうそうないので(笑)

あまんちゅ!

都会からの転校生・てこが、地元でダイビングのアマチュアインストラクターをしている少女・ぴかりと出会い、共にダイビング部に入る物語。

ARIAの流れを汲んだ癒し系な「部活マンガ」!今までの作品と比べれば普通の日常・・・現実的な話が大目だが、時々ファンタジーが混じったり、ガチ怖な話があったりする。2巻のぴかりの話は洒落にならないくらい怖い話だと思うんだが・・・アニメでやられたら泣くかもしんない。

特装版 あまんちゅ!  10[みらくるドラマCD付 素敵と不思議が出会ったコト前編] (BLADE COMICS SP)

特装版 あまんちゅ! 10[みらくるドラマCD付 素敵と不思議が出会ったコト前編] (BLADE COMICS SP)

 

最後に!

初期の絵は拙いものの、お話の本筋はARIAと共通するものが多く、その魅力は決して損なわれてはいません。クレセントノイズで描かれている思春期の心の苦悩なども、あまんちゅの「てこ」と変わらないように思います。

ARIAやあまんちゅの世界観で天野こずえさんにハマった人は、ぜひ一度過去作も読んでみて欲しいですね!

↓アニメの感想はこちら!

↓その他の漫画紹介!