読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

【漫画】迷家 ツミトバツ 感想~富士昴によるコミカライズ!マイマイの透けブラを拝みたい人は読むべし!

アニメ アニメ-迷家 漫画

迷家~ツミトバツ~ 1 (裏少年サンデーコミックス)

本日マンガワンで連載されていた「迷家~ツミトバツ~」のコミックス1巻が発売されました!アニメがクライマックスに近づく中、漫画で語られる光宗ら30人の運命とは・・・!?

※コミックス1巻の内容についてネタバレあり。
※アニメ第9話までのネタバレあり。未視聴の方はご注意ください。

「動物がお医者さん!?」の富士昴先生によって描かれる納鳴村バスツアー!ストーリーはほぼアニメ版と変わりませんが、バスに乗る前の光宗・颯人・真咲の様子が描かれていたり、目立っている登場人物が変わっていたりと色々と違う部分も。でも一番の大きな違いは・・・アニメよりエロ度が大幅にアップしているってとこでしょうか!!(笑)らぶぽんだけでなく、ほかのキャラの透けブラを拝みたい人は色々と必見かもしれません。

アニメ版との違い

■マイマイ
アニメ版より明らかに巨乳。
谷間や透けブラを惜しむことなく見せてくれる。

■プゥ子
アニメではジャックが傷害騒ぎを起こしたことを知っていたのはマイマイだったが、コミックス版ではプゥ子に変更されている。さらにマイマイとも同級生であり、元カレの「香山君」のことも知っていた。

■真咲
アニメよりサービスカットが多い。隠れ巨乳。これはよっつんも目をつけますわ・・・。序盤、ツアーに参加する直前のモノローグで「大事な人がいなくなった」と言っているが、これが恐らくレイジのことだと思われる。

よっつんがいなくなった後に光宗と合流した際、アニメとは違い、血がついた石を握り締めていた。絵だけみるともう完全に殺っているようにしかみえず、色々と怪しい描写が増えている。

■らぶぽん
アニメ版よりマジキチ度150%アップ。
「処刑デス!」とカタカナが混じりの台詞になっているため狂人枠にしかみえない。

■ユウノ
アニメ版より大幅に出番(と好感度)が増えた稀有な人。作者が好きなんだろうか?
アニメのソイラテのポジションを担っており、下山することなく村に残っている。コミックス版ではマジメな委員長タイプではなく穏やかで優しい性格になっており、ヒステリーも起こさない。

■ジャック
アニメとは違い、よっつん殺し(?)に関わったのではないかとメンバーから疑われた光宗を、ジャックが逆に庇うような形となった。(この時、アニメでジャックを庇う際に光宗が言ったのと似たような台詞を言っている)

■よっつん
アニメよりゲス度が上がっている。
やっぱり川に流れていったが、おまけマンガでは・・・。

このほか、
光宗たち以外の村人(先住民?)らしき人物の描写があったり、
ツアー参加者全員がアニメ第3話で光宗が森の中で見た『瞳』を見ていたり、
光宗が見ているトラウマのペンギンを、運転手が「ミサト」と呼んでいたりと、アニメにはない描写も色々とあります。

ただリオンの出番は1巻では少なめなので、リオンファンの方は2巻以降に期待した方がよいかも(笑)

最後に!

巻末のおまけマンガの、出番が減ったキャラたちの叫びが面白いです。特になぁな!無理すんな!(笑)
表紙も中身も、男女ともに肌色多目でサービスカットが盛りだくさんですが、逆にエロ要素が余計だと思う人もいるかもしれませんね。そういうのがむしろオッケー!な人は、一読してみては如何でしょうか?

↓ツミトバツ感想はこちら!