読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド 感想~あの人気ドラマの姉妹編!※シーズン1ネタバレあり

ドラマ

パイロット版

大人気の海外ドラマ「ウォーキング・デッド」。その姉妹作「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」がAmazonプライムで配信していたので、やっとこさシーズン1(吹き替え版)全エピソードを視聴しました!

※毎度おなじみ、ツッコミ多めの感想文です!
※シーズン1ラストまでがっつりネタバレしています。

徐々に崩壊していく日常

「ウォーキング・デッド」では、主人公の保安官が病院で眠っている間に世界はもう手遅れ状態になっていましたが、今作ではまだウイルスが流行り始めた直後。少しずつ崩壊していく日常に焦点をあてています。

なので、ウォーカー(作中世界でのゾンビ)とのサバイバルが中心だったウォーキング・デッドに比べればグロ要素はかなり控えめ。ウォーカーもなかなか登場しないので、前作を見ているこっちとしては焦れったい気持ちになることもしばしば。

複雑な登場人物の関係

シーズン1ではおもに以下の3つの家族が中心となっています。前作との繋がりがある人物は今のところいませんが、シーズン2以降、関わってきたりするのでしょうか?

マディソン一家

■マディソン(吹:佐々木優子)
娘のアリシアが通う高校でカウンセラーをしている女性。夫を亡くしているが、現在は新しい恋人・トラヴィスと同居中。

■ニック(吹:岡井克弁)
長男。
家出先でヤクでぶっ倒れていたら、仲間がゾンビになっていた。逃げ出した先で交通事故にあったことから、家族に所在がバレることとなる。

どうしようもないヤク中だが、いざという時の状況判断は的確。家族に愛情もちゃんと抱いている。

■アリシア(吹:黒木沙織)
ニックの妹。
兄とは違い優等生。少々冷めた性格。

トラヴィス一家

※一部役名のクレジットがないため声優名は記載しておりません。

■トラヴィス(吹:木下浩之)
マディソンと同じ高校で英語を教えている教師。優柔不断な優男で、「銃が嫌い」とかいってウォーカーになった人間を撃てなかったりするが、それがのちのちアダとなる。

現在の奥さんの家族と、自分の元妻と息子を一緒に連れて逃げようとするトラヴィスェ・・・。

■ライザ
トラヴィスの元妻。
看護学校に通っていたため、軍によって街が封鎖されたあと、看護士資格はないものの的確に負傷者を治療して周っていたため、のちに州軍基地の病院に勤務する。

■クリス
ライザとトラヴィスの息子。
若者らしい正義感に溢れている青年。トラヴィスには反抗的だが母親のいうことはよく聞く。

サラザール一家

■ダニエル・サラザール
理容店を営んでいた男性。
暴動から逃げてきたトラヴィス一家を匿ったことから、行動を共にする。

難民であり、紛争など様々な暗部を経験していることから、時には非情な判断を下し、家族を守るためなら暴力も厭わない。

■オフェリア
ダニエルの娘。
トラヴィス一家を匿うよう助言してくれたりと優しそうにみえるが、実はこの子も家族を守るためなら大胆なことをやってのける。

■グリセルダ
ダニエルの奥さん。
暴徒から逃走中、足を負傷。抗生物質がないためにケガが悪化し、州軍基地の病院へと強制的に連れて行かれてしまう。

ストーリーの中心人物はマディソンとトラヴィス

おもにこの二人を中心に、非っ常~に複雑な家族の繋がりを描きつつ、ストーリーは進行。エピソード1~3までは、徐々に感染者が増え始めた街で、民衆たちにパニックが伝染、次第に暴徒化していく中、街から脱走しようとするまでが描かれます。

エピソード後半は軍により街が閉鎖されたあとの物語に。封鎖されたおかげで秩序がなんとか保たれてはいるものの、軍隊は疲弊して限界。さらに足の怪我が悪化して危険な状態になったグリセルダと、ヤク中であるニックが強制的に病院へ連行。家族をとりかえすための奮闘が描かれます。が・・・

とりあえずツッこませてくれ

もう既に感染者が銃でも死なない存在であることを知っているというのに・・・それが街をさまよっていることを知っているのに・・・その状況で「窓の外にわんこがいる!」といって、わんこをお家にいれちゃうニック。おまえこれがバイオなら死んでるぞ!!(*1

案の定わんわん吠え出したわんこ。
その先でウォーカーを発見!

「ヤバイ!隣の家にショットガンがあるからとりにいこーぜ!!」

といって、居間の窓を開けっ放しにして隣の家にショットガンを取りに行ってしまうマディソンたち。

何してんのこいつらは!
ウォーカーが入ってきちゃうでしょーが!?
ちゃんと閉めろよ!!

・・・というカンジで、どうもウォーキング・デッドに比べてみんな危機感がない。この差が「この世界ではまだウォーカーの存在が半信半疑で、またかろうじて日常が残っている」ということなんでしょうが・・・それにしたってだ!開けたら閉めようぜ!?

家族のためなら全てを犠牲にする登場人物たち

奥さんが連れて行かれた病院の場所を吐かせるため、オフェリアにホの字だった軍人を拷問し場所を聞き出すダニエル。拷問したおかげで「コバルト作戦」・・・街の人間を置いて軍人だけ退避、さらにゾンビ予備軍である人間を処理するという軍の計画が明らかになりました。

ここまでは、重大な軍事機密を聞き出す為には、まぁ仕方なかったのかもしれない。

だが!!

だからといって病人が実際にたくさん収容されている基地に、ウォーカーを大量にけしかけるのはやり過ぎじゃないか!?

おかげで患者の命を救う為に必死に働いていた女医さんが、折角の助けのヘリがゾンビの群れを見て引き返しちゃったもんだから、スタッフを全員脱出させ、自分は重篤患者と共に残り、彼ら全員に安息を与えるハメになったぞ?

うなだれる女医さんにマディソンが「心が壊れてる・・・」とか抜かしていたが、

これおまえらのせいぞ!?
みんなおまえらのせいぞ!?

この方法が許されるのは基地にいた全員が鬼畜だった「28日後・・・」ぐらいだろ!!

しかも助けようとしてたグリセルダは合併症のため既に亡くなっていたし、逃げる途中でライザは感染しちゃうしぃ!!

・・・と、ツッコミばかりいれてしまいましたが、これも保安官などのリーダーシップをとれる人間がいない状況で、武器を持たない普通の人間が戦うにはこうするしかないという、ウォーキングデッドとは違う視点で描いていることを強調した展開ってことなんでしょう。でも私は一人きりで自殺した女医さんが可哀想で可哀想で仕方なかったよ!!

現在はシーズン2が配信中

4月15日からは、ニックと共に収容されていた謎の男・ストランドが所有する船での逃走劇を描いたシーズン2が、Amazonプライムにて独占配信されています。

プライムに加入している人なら無料で視聴可能。惜しむらくはシーズン1は字幕・吹き替え版の両方が視聴可能ですが、シーズン2は現在字幕版しかないことぐらいでしょうか。現在はシーズン2の吹き替え版も配信されています!吹き替え派の方は要チェックです!

いま話題の「甲鉄城のカバネリ」や、その他「昭和元禄落語心中」などのアニメも加入者は無料で視聴できるので、Amazonプライム、結構おすすめです!GWにヒマしている方は、これを機にアニメやドラマを一気見してみては?

最後に

ゾンビをばったばったとなぎ倒していくスリルではなく、あくまで人間同士の軋轢が浮き彫りになっていったり、逆に理解しあったり・・・という家族再生(もしくは崩壊)ドラマの面が強いです。前作が好きな人には物足りないかもしれませんが、逆にグロが苦手な方には(まだ)観やすいかもしれません。個人的にはトラヴィスが今後精神崩壊していくのか、それとも優しさを貫き通すのか?その辺りが気になるところです。

↓ウォーキングデッドの原作者によるドラマ最新作!

↓最近見たゾンビものではイチオシ!

*1:この世界では動物はウォーカーにはならない。