読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

NightCry 考察!~ストーリーの謎やシザーウォーカーついて&用語解説も少々※ベストエンディングのネタバレあり

ゲーム ゲーム-NightCry

f:id:basiliskos:20160420150925j:plain

NightCry、無事クリアしました!!
レビュー最終回は、ストーリーやシザーウォーカーについて、色々と考えてみたことを述べて締めたいと思います。ゲーム内で登場した用語の解説なんかも載せているので、参考までに。

※Aランクエンドのネタバレあり。日記の翻訳文なども全文載せていますので、クリア後の閲覧推奨です!

目次

船長室にあった日記について

まずは船長室にあった、ヴィゴの日記の翻訳文について。

ネタバレを表示

2番目の人を運ぶ私の娘ヨランダは、ついに私の子供を取得する
この結果が確認される前に、それは、昼も夜も多くの交歓が取らされたことであるが?
不道徳の子供を運んだ私の娘は大いなるバビロンの隣で、人を超える形に変わるように資格を得た

別の人は不義の子供オットーを持っている。
私の息子でもある彼は、私の孫である。触媒も。

また、人々を示す水で美しい蛾のために繭が屈辱的に生まれ変わっているので待っていたヨランダ。
現世であるすべてから切り離されて、自由をつかまえた人々の喜びの声が聞こう

かなりエキサイト翻訳されていますが、物語の重大な謎を解くヒントが隠されています。まずはこの日記に登場する用語を解る範囲で解説していきます。

大いなるバビロン

うぃきによると

『黙示録』によれば“悪魔の住むところ”であり“汚れた霊の巣窟”である。女の姿で表されておりきらびやかな装身具を身につけ、手に金杯を持つが、その杯は姦淫による汚れに穢されているという。大淫婦は殉教者の血を流すが、神のさばきによって滅ぼされる。

聖書の黙示録に登場する「大淫婦バビロン」(大娼婦と呼ばれることも)。正体(?)については様々な説がありますが、七つの首の獣に乗った姿で描かれることから、キリスト教を迫害していた古代ローマの暗喩なのではないかと言われています。

元々バビロンとは、聖書ではバベルと呼ばれている古代都市のこと。退廃した都市の象徴であり、一神教からは正義の対抗概念的な扱いをされることが多いようです。

チャプター2の無人島のロッジには「ヘルメス文書写本」など様々な古代思想の文献もありましたし、ヴィゴが行った儀式は、いにしえの魔術を元にしたものなのかもしれません。

オットー

ゲーテの「親和力」という長編小説に登場する、不義の子供の名前。この小説の内容も夫婦の姦通がテーマとなっています。

蛾の翅

ジェロームの部屋のバスタブに落ちていた蛾の翅ですが、チャプター3後半で爆破された船内をさまよっていると、電球に蛾が群がっている様子が確認できます。この蛾は血の痕から湧いているように見えますが・・・。

日記の中の「人々を示す水」というのは恐らくのこと。殺された人が蛾に生まれ変わっているのか・・・?

シザーウォーカーが死体の側や血の中から湧いてくる事が多いのは、血を媒体とした、この蛾のようなもので構成されているからでしょうか。銃がへっちゃらなのに噴射系の武器に弱かったのは、このせいだったのかも?

ジェロームの正体

「私の息子でもある彼は、私の孫である。」という内容から、ジェロームは、ヴィゴが自分の娘・ヨランダと通じてできた子供だということが解ります。

大いなるバビロンが姦淫や不道徳の象徴だとすれば、その力を借りる為には不義の子供でなければならなかったということなのかな。

ジェロームは最初からこの儀式の触媒にするために創られた子供のようですが、背中の古傷もそのために付けられたのでしょうか。(ただ、触媒として重要な彼をなぜ養子に出したのかがよく解らない)

日記の内容も、「不道徳の子供」と「不義の子供オットー」と分けて使ってるのも少々気がかりではあります。仮面の男にさらわれたはずなのに非常階段の所にいたので、プレイ中はクロックタワーのファーストみたく双子なのか?とも思ったりしたのですが、多分それはない・・・はず。

シザーウォーカーの正体

不道徳の子供を運んだ私の娘は大いなるバビロンの隣で、人を超える形に変わるように資格を得た

という一文と、ベストエンディングでヴィゴが殺される前に「父親に逆らう気か!」と言っているので、シザーウォーカーの正体はヴィゴの娘・ヨランダということなんでしょう。

今回シザー"マン"じゃないのは女性だったからなのか!野郎とかいって正直すまんかった。

f:id:basiliskos:20160420174504j:plain

チャプター3序盤でジェロームがシザーウォーカーの幻を視ていますが、シザーウォーカーは彼を襲わずハサミも使わずに右手で彼に触れようとしています。殺戮を繰り返していた彼女ですが、自分の息子のことだけは覚えていたのでしょうか。

疑問点:シザーウォーカーはいつ誕生したのか

家族写真には幼いジェロームと手を繋ぐヨランダの姿が映っている。つまり産んだ瞬間にシザーウォーカーになったわけではなさそう。

ということはあの船の儀式によって、船にいたヨランダはシザーウォーカーの姿に変えられてしまったということなんだろうか?だとしたら、彼女は生まれ変わったばかりということになる。シザーウォーカーが赤ん坊の声で泣くのはこのためだろうか?

チャプター3のその他の用語解説

ペトラルカの「凱旋」

ペトラルカという人物がかいた詩集。
「愛」→「貞潔」→「死」→「名声」→「時」→「永遠」という6部で構成されていて、貞潔は愛に打ち勝ち、死は貞潔に打ち勝ち・・・というように、最終的に永遠が勝利するという内容になっている。

ジェロームは幼い頃この詩を繰り返し朗読されていたというが、ヴィゴが最終的に求めていたのが、死も名声も時間をも超越した「永遠」だったのは、ここからきているのだろうか。

カッシートの眼

うぃきによるとカッシートとは、古代バビロニアを支配していた民族の名前。彼らが支配していたバビロン第3王朝は、バビロニアの歴史上最も長く続いた王朝なのだという。

ゲーム上ではこのカッシートの名を冠した"眼"が、シザーウォーカーを操るアイテムとして登場。ベストエンディングではルーニーが使用し、彼女も片目を失いました。そういえばシザーウォーカー自身も片目がありませんね。

この片目の共通点には何かありそうですが・・・これ以上は妄想するしかありません。

レナードはどうしてあんな目にあってしまったのか?

f:id:basiliskos:20160420184453j:plain

みんなのトラウマになってしまったレナード教授。
チャプタ-2で魅せたコミカルなキャラはプレイヤーの癒しだったというのに・・・なぜあんなグロいことになってしまったのか?

あの装置は永遠の命の研究の一環だった・・・と考えるのが妥当でしょうが、シザーウォーカーに殺させるために乗客たちを集めたんですから、普通ならレナードも殺してしまうはず。

推測ですが、
ベストエンディングのルートだと、ヴィゴの部屋では金庫の鍵をかけ忘れるほど焦っていた様子が伺えます。これはチャプター2でレナードがジェローム(触媒)を移動させてしまったことが原因で、儀式に何らかの不具合が生じたためだと思われます。 このことがヴィゴの怒りを買い、彼を"永遠"に死なせない・・・彼だけは永遠には連れて行かないことにしたのではないでしょうか。 (シザーウォーカーに殺された者たちも、煉獄の世界で永遠を生きるはずなので)

チャプター3で見られるバッドエンド『煉獄の世界』や『予定調和の世界』に教授の姿がないのは、こういう意味なのかな?と推測しています。全然違うかもしれないけどね!

その他の登場人物について

老女(CV:栗栖パトラ)

f:id:basiliskos:20160420185439j:plain

家族写真から想像するに、この人がヴィゴのお母さんのようです。バッドエンドの『煉獄の世界』に登場しているので、ばあちゃんも、もうこの世の者ではないようですが・・・。(チャプター1冒頭でモニカが見た時すでに死者だったのかは不明)

ヴィゴの一家が近親相姦しまくってたこと、ヨランダの母親(ヴィゴの奥さん)が一切登場しないことを考えると・・・もしかしたらヨランダは、ヴィゴとこの婆ちゃんから出来た子供ってこともありえそうですね・・・。

コニー(CV:清水愛)

NightCry コニー

当初はルーニーの罪悪感から生まれた幻なのかと思っていましたが、モニカにも見えていたことを考えると、やはり幽霊としてルーニーのそばにずっといたのかもしれません。船が呪われて異界と化したことで、ルーニー以外の人間にも見えるようになっていたのかな。

幽霊少女って字幕は本当にどうかと思う。

エリック(CV:宮野真守)

NightCry エリック

これは罠・・・CVに有名声優を使っていれば黒幕だと思っている声豚だけが引っかかる・・・!

・・・なキャラでしたね!
かゆうま状態だったのは本当になんだったのか。

ただ、彼も完全に何も知らないキャラだったとは思えないんですよね。「海に投げ出された」と言っていましたが、レナードと一緒にボートにいたんですから、当然ジェロームが何かしたところは見ているはずじゃないの??

バッドエンドの時は一人だけ生き残ってるのに、ベストエンディングの時は生存していないのは何故??とか、彼の存在は謎そのものです。

ヴィゴは結局何がしたかったのか

多分ホラーではあるあるの、
みんなで肉体を捨てて永遠になろうぜヒャッハー!・・・な邪教集団ってことだとは思うんですが。

まぁ無理やり妄想するなら、愛する奥さん(ヨランダのお母さん)を亡くしてトチ狂って邪教に走った・・・とかも考えましたが、お婆ちゃんも一緒になってノリノリで呪ってるんですから、家ごと邪教かぶれだったパターンなんでしょう。

そういえば冒頭の突然のメタ発言「アイテムは自分にクリックすると使えるぞ☆」ってのはベストエンディングの伏線だったんだろうか。

NightCry ヴィゴ

自分から壮大にネタバレをかます黒幕。クリア後に見るとただただ笑える。

ストーリー感想まとめ

ストーリー面はぶっちゃけ説明されていないことが多すぎて、妄想の域を出ないものばかりです。

未だによく解らないのは無人島。なんか昔のポスターが貼ってあったけど、結局あれは誰の部屋で、あの島は何だったのか?あそこが邪教が生まれた土地なの??それともヴィゴのお手製なの??

NightCryは面白かったけど、ストーリーのオチが「全部カルト宗教のせい」だったのはちょっと物足りなかったです。最初から最後までテンプレの塊みたいな黒幕も残念でした。しかもあんだけ殺しておいてあっさり死にすぎィ!

まぁどうやら公式ツイッターをみる限りPSVITA版が出るかもしれないので、システム面の改善やボイスの増量、エピソードの追加などなど、今後に期待致しましょう!

とりあえずNightCryレビューはここまで!長らくお付き合いして頂き、本当にありがとうございました!

↓クロックタワー好きにおすすめの映画はこちら!

↓ゲーム関連記事はこちら!