読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る感想サイト。ネタバレ多め。

【アニメ】昭和元禄落語心中 9話感想~ついに真打に昇進!だがそれもつかの間、助六が破門!?※ネタバレあり

昭和元禄落語心中9話
今度会う時は──地獄ね

※アニメ第九話のネタバレあり!
※原作はほぼ未読の状態で視聴しています。

結論:桜の描写が超綺麗!!

前回は夏でしたが、季節は巡って今週は春。助六と菊比古、二人が真打に昇進したところから始まります。

今週の落語:居残り左平次

左平次という男が金も無いのに遊郭で豪遊した挙句、そのまま店の手伝いやら何やらをはじめて金も払わずに居残り続けるという話。オチの「おこわにかかったのか」「はい、旦那の頭がごま塩ですから」というのは、お恐(こわ)=人を騙すことと、おこわ=強飯(こわめし)を炊いた状態がごま塩に似ていることをかけている。

昭和元禄落語心中9話 居残り左平次

遊郭で客の接待などを勝手にし始めるものの、実際の勤め人たちよりも上手かったことでうとまれる左平次・・・という、いかにも助六好みの落語。流れる汗の量に助六の本気度が伺えます。

f:id:basiliskos:20160305042022j:plain

演じ終わって歓喜のあまり、真っ先に菊に抱きつく助六。なんか菊が抱きつかれて嬉しそうに見えるけれど、それは自分の心が汚れているせいだきっと・・・。

みよ吉の呪詛

真打となったことで、みよ吉と別れ話をしに訪ねてきた菊。この時のみよ吉の部屋の描写は綺麗でしたね。ずっと窓を開けていたのでしょうか、桜の花びらが部屋にたくさん舞い込んでいます。

桜が散る部屋で、「依存してばかりじゃ、男も女も生きてはいけない世の中になっている」と語る菊に、激昂するみよ吉。

昭和元禄落語心中9話 みよ吉

「絶対に復讐するわ」
「死んで化けてでましょうか」

今度会う時は、地獄。

それは死ぬまでもう二度と会わないという・・・呪いにも似た別れの言葉でした。

師匠と決裂

師匠と飲み交わしていた助六。
常々、民衆・・・客の心情を敏感に感じ取っていた助六は、テレビの存在など増え続ける新たな娯楽に対し危機感を抱いていました。「もう黙ってても人が寄席にくる時代じゃなくなる」という言葉を聞いても、落語の将来に楽観的な師匠。そんな態度に腹を立て、思わず本音をぶつけてしまう助六。こと、先を見通すということに長けていた故に出た言葉・・・ですがその考えは、古い価値観で生きていた師匠には理解されてもらえませんでした。

f:id:basiliskos:20160305042727j:plain

この夜をきっかけに、師匠に破門を言い渡されてしまいます。

失意の中、忍び寄るようにやってくる女の影は・・・みよ吉でした。

f:id:basiliskos:20160305043145j:plain

互いに大事なものを失くしたもの同士、傷を埋めあうように二人は一緒に暮らす様になります。

しかしこのあと、まさか落語心中で谷間がもろに見えるみよ吉のせくすぃーシーンが見れるとは!

f:id:basiliskos:20160305043501j:plain
「・・・見えちゃうよ?」

この山ちゃんの言い方が!
いちいちカワイイんだよちきしょーい!

こんな可愛い反応をするクセに、実はとうに子供を作っていた二人。
しかも田舎に戻って産む為に、店の金まで持ち出していたみよ吉は・・・やはり一筋縄ではいかない女でした。「一途な女は菊さん向けの営業用」「求められれば幾らでも変われるよ」というセリフに、みよ吉の本心がどこにあるのかわからなくなります。

が、自身の体と子供を使って助六を落語から遠ざけることで、菊・・・というより、落語そのものに復讐しているようにも思えます・・・。

最後の邂逅

もうすぐみよ吉と共にこの地を離れるため、菊比古に最後にお別れをいいにきたという助六。ここで始めて、助六が菊をどう思っていたか、弱音にも似た本音が語られます。ここまで常に菊さん目線で語られていたので、菊さんがいつも助六に対し嫉妬や羨望といった感情を抱いていたことはわかります。けれど助六もまた、いつも師匠に可愛がられていた菊・・・坊(ぼん)に対し、同じような感情を抱いていたということが明らかになりました。そんな感情を持ちながらも今までずっと表には出さず、菊が一人になりたいと言うまで側に居続けたのか・・・

f:id:basiliskos:20160305044009j:plain

今まで見た事がないその背中に、「何があっても落語だけは辞めないで」と縋るように口にする菊・・・

f:id:basiliskos:20160305044333j:plain

「どうしたらいいのか、わからねぇんだよ」

という最後の声のトーンは、鳥肌もの。

今日のゲスト アマノ(CV:山口勝平)

昭和元禄落語心中9話 アマノ 山口勝平

突然の勝平ちゃん。

本編どシリアスな中にこのキャスティング!思わず吹きました。ちょっとブン殴りたくなっちゃうイヤミな文芸評論家という役柄・・・最高でした。

【最後に!】
今日は桜やコミックスの絵を使った演出、そして山寺さんのギャップにひたすら萌える回でした。軽妙な落語の噺家のトーン、師匠と落語の将来について本音を語るトーン、見えちゃうよ?というとんでもなく可愛い調子からの、最後の助六の本気の声のギャップ!たまらねぇ・・・色々とたまらねぇよ・・・。

来週は菊が八雲になる瞬間が描かれるのでしょうか?助六とみよ吉の二人の行く末が決まっている以上、先を見るのが怖いんですが・・・!僕街といい、来週が来るのが怖いアニメが多いな今期は・・・。

↓次回の感想はこちら!

↓前回の感想はこちら!