読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びーきゅうらいふ!

 ホラー映画やアニメやゲームを好きに語る

【アニメ感想】おそ松さん~おそ松くんじゃなくて"さん"!?昭和アニメからアイドルアニメへの華麗なる変身※ネタバレあり

アニメ アニメ-おそ松さん

おそ松さん 第二松 [Blu-ray]

※アニメ本編ネタバレ、パロディの元ネタ解説ありなんで未視聴の方はご注意!!
今をトキメク人気声優を多用したことで話題になった「おそ松さん」第一話を視聴しました。

結論:こんなイケメンボイス声優の無駄遣いしたアニメ見たことねぇ。

白黒ノイズ混じりのアニメーション。
古き昭和アニメ調で物語は始まる。

イヤミをはじめ、懐かしいキャラが勢ぞろい。
昭和アニメをギリ観ていた世代にとって、シェーが!!イヤミがイヤミじゃねぇ!!のは悲しいところでした。
何故・・・別にいいじゃん・・・イヤミぐらい肝付さんスペシャルゲストで出してくれてもいいじゃねぇかっ・・・
(でもご本人もご高齢で、イヤミを演じる時はいつも血管切れそうなテンションで演じていたらしいので、致し方ない)

んでもって外見は知ってても名前知らないキャラが結構いた!
特にこの人!!

おい名前デカパンって!ひでぇな!!

そして序盤からモノローグの帝王もとい我らがツッコミキング・神谷浩史さんが目立ってましたね。
ぶっちゃけ最初は神谷さん以外誰が喋ってるのかわかんねぇ

今にも「絶望した!!」とか言いそうでハラハラしたのは自分だけじゃないハズ!
最近かわいそうまさんとかありゃりゃ木さん(失礼!噛みまみた)でお声聞いたばっかりなんですが、休みあるんだろうか。

そして本編が始まって3分後──


あ、ありのまま今起こったことを話すぜ!!
「オレはおそ松さんを観ていたと思ったら、いつのまにかうたプリを観ていた」
な・・・ 何を言っているのかわからねーと思うがおれも何が起きたのかわからなかった・・・

わずか3分で昭和アニメ終了のお知らせである。

なんだこのアイドルアニメは。
キャラの造形変わってんじゃねぇか!!
ほんとこのネタやりたいが為の声優チョイスだったんじゃあるめぇな!?
おいおい誰だこんなイカれたことやんのは!!

監督:藤田陽一

・・・銀魂の監督ぅぅぅ!!
何してんスかぁぁぁぁ!!

事前情報で声優のキャストしか見てなくて全然知らんかった。
マジかこのヤロー!
あまりの展開にとてもまとめられないので、ここからはあらすじと感想を箇条書きでお送りいたします。

■白黒アニメーションからカラーになった途端、アイドルアニメ→学園アイドルアニメに

・どう見ても歌って踊ってるステージ衣装とカラーリングがうたプり。
・そして学園パート。みんな頭の色がカラフルになって顔もイケメンで八頭身のだれおま状態に。

・待って今隕石をビームで破壊したぞ。
・おそ松くんのヒロイン・トトこちゃんも現代アニメ風になって登場。だがどう見てもひみつのアッコちゃんにしか見えない髪形に昭和臭を感じる。

・校内ちっくな場所に突如現れる車とかどこのウテナ?*1

・そして突如始まる学園BL。
・そして突如始まる前世の縁の恋。

・イヤミ先生までどっかの金髪アイドルのような風体になってご登場。
・イヤミ先生の重度のフランスかぶれ設定チビ太のおでん好きという設定も無駄に生かしていくスタイル。
・ハタ坊やダヨーンやデカパンを今風の絵柄にすると色々と酷い。

■徐々に隠しきれなくなる昭和臭に引いていく女子生徒たち。そして怒涛のパロディラッシュ。

・女性向け学園アイドルものからバトル展開へ
・カ オ ス
※このページ最後にパロディーの元ネタを解ってる範囲で載せました。

■収集がつかなくなり、昭和アニメに戻る

・昭和アニメに再び戻ったけど、おい!!殺せんせーコスしてたのがいたぞ!!
「赤塚先生、ごめんなさい!!」って写真に向かって言う台詞は製作者一同の心の声。

■「そして時は流れ、おそ松くんたちも20歳に・・・」

ってえぇ!?いま時が流れたの!?
終盤になってやっと「おそ松さん」になったの!?

というか、おそ松くんが10才だったことを今知ったよ!忍たまの乱太郎と一緒かよ!!ついさっきまで10歳だったのかおまえ達!!

■そして大人になっても特にやることない、でエンディング

・・・じゃなかった!!OPかよ!!

・OPが終わり、ラジオみたいなノリでおそ松さん達がご挨拶。
浩Cが「すいませんでしたぁぁぁぁっ!!」で締めて本当のエンディング

■そして次回予告

・・・が、次回タイトルを読み終わっても予告が終わらない。

「何で終わらないの?」

「え?1話編集し終わったら1分ぐらい尺余ったからなんか場を繋げ?はぁ!?

 早く言ってよ~最高のギャグあったのにぃ~」

・ここから1分粘ってギャグ披露を回避。
・本編ようやく終了。提供紹介に入る。が、「この番組は、ご覧のスポンサーの提供でお送りいたしました」という音声の後ろで、「よっしゃー!逃げ切ったぁ~!!」という声がずっと聞こえる。

次回予告どころかその後の提供まで聞き逃せないとかスゲーことしやがる。

んで1話を観終わった感想。
・・・中身なんも無かった!!
うぉぉぉぉい!!

いや~実際当時リアルタイムで観ていた人たちに向けてというより、おそ松くんを全く知らない若い女性がメインターゲットだから当たり前なのかもしれないが、余りにも女性向けに偏りすぎてて、これ男性には視聴厳しくね・・・?
果たしてこのままカオス路線で突っ走るのか、昭和アニメという題材でこれからどんな風に展開していくのかがスゲー気になる作品。
昭和の純粋なアニメーションだった作品を、他作品のパロディやメタ要素を取り入れたことで、どこかで「最近の流行アニメ」に対しての色々な皮肉が入りそうな予感。
てなわけで来週も観ます☆


TVアニメ「おそ松さん」第2弾PV - YouTube
↑こちらのPV、音MAD風になっていて超面白いです


【おまけ・本編中のパロディーの元ネタと解説】
※自分が解った範囲のみ
※なんか間違ってたらゴメン!

・学園アニメになってからの「F6」の設定
→少女漫画「花より男子」より、F4。

・食後にアカハライド!
→少女漫画「アオハライド」

・オレにトス、持ってこい!
→ジャンプのバレー漫画「ハイキュー!!」主人公の有名台詞と外見。

・しらこっち下さい
→ジャンプのバスケ漫画「黒子のバスケ」で黄瀬涼太(金髪・ユニフォームの色も青)が言った「黒子っちください」という台詞。
(黄瀬は「自分が認めた相手」には「~っち」をつけた愛称で呼ぶという設定があり、その後も黄瀬の姿の時は「~っち」をつけた呼び方をしている)

・僕はキミを出し抜いて、キャラをとる!
→チャンピオンの自転車競技漫画「弱虫ペダル」の主人公。

・「こんなおそ松くんはいやだ」で描かれたおと松くんのイラストとその後の十四松の格好
→髪型と制服がアイドルアニメ「ラブライブ!」、十四松の格好は高坂穂乃果。

・学校に攻めてくる巨大なチビ太
→アニメ「進撃の巨人」の第1話、主人公の街に巨人が攻めてくる有名なシーン。
それから2年後、再び巨人と主人公・エレンが相対するシーンと台詞もパロっている。

・チビ太巨人を倒す時のデカパン
→ジャンプの漫画「NARUTO」の主人公。そして必殺技の螺旋丸。
その後のシーンで「美少女戦士セーラームーン」の変身シーンもやっている。

・チビ太巨人を倒す時のイヤミ
→ジャンプの漫画「BLEACH」の主人公。

・チビ太巨人を倒す時のダヨーン
→ドラゴンボール

・チビ太巨人を倒す時のハタ坊
→黄色いドラえもんもどきになった時に秘密道具のショックガンを装備している。
(一瞬「コブラ」かと思ったけど左腕じゃなかった)

・君に決めた!
→アニメ「ポケットモンスター」の有名台詞。
しかしここで出てくるのはどうみてもジブリのトトロ。

・ポリゴンの十四松
→おそらくゲームの「バーチャファイター」

・終盤昭和アニメに戻った時
→左にいるのがジャンプの漫画「暗殺教室」の殺せんせー。
帽子を被ってるのが「ポケットモンスター」の主人公。

 ↓第2話の感想はこちら!
b9life.hatenablog.com

*1:TVアニメ少女革命ウテナでは中盤、校内であろうとどこであろうと理事長代理である鳳暁生が車で乗り込んでくるシーン(演出)が入る